コングが育てばいいんじゃない?

『キングコング: 髑髏島の巨神』に登場したコングはまだ成長過程の若い個体という設定ですから、ゴジラと戦うまでに100メートルくらいにまで育つかもしれません。
ただ、コングの成体がそこまででかいならスカル・クローラーとの生存競争に勝てたのではないかとも思います。ひょっとして、スカル・クローラーにも更にでかい個体がいる…?

ゴジラが縮めばいいんじゃない?

逆に考えるんだ。ゴジラの方が小さくなればいいと考えるんだ。
2014年のゴジラとは別個体の、まだ若いゴジラを出すという案です。日本のゴジラシリーズで言うところのミニラとか、ゴジラジュニアのような存在ですね。
ただ、2019年の『Godzilla: King of Monsters』の後にちっちゃいゴジラを出されても物足りなさそうです。

実はそのまんまでもいけるんじゃない?

類人猿であるコングは、ゴジラよりも知能が高いと思われます。スカル・クローラーとの戦いでも武器を使っていましたし。
つまり、体格差を知恵で補えるんじゃないかという予想です。ただ、ゴジラが弱い者いじめをしているように見えかねないのが心配です。

まとめ

というわけで思いつく限りのゴジラとコングを戦わせる案を挙げてみました。
果たしてこの予想は当たるのか、それとも思いもよらないアイデアを見せてくれるのか、すべては2020年にわかります。

関連するまとめ

共演者は凍死寸前!

共演者は凍死寸前! 中居正広、「ナカイの窓」での悪ふざけに 「不快」の声。。。

【未知の世界】エキストラのバイトの魅力

日常とは離れた経験ができるのが「エキストラバイト」の魅力です。

オトコのミカタ

【バイオ7】新DLC配信までに復習!クリス・レッドフィールドに迫る

大ヒット作品「バイオハザード」シリーズ。そのシリーズ第7作品目「バイオハザード7」のラストに再登場したシリー…

yuriacom

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング