霧島高原ビール(鹿児島県)

チェコの伝統的な製法を取り入れている鹿児島県を代表する地ビールです。
チェコを取り入れた理由が二日酔いでもすんなり飲むことができたことが
きっかけで、各地がドイツやアメリカを取り入れる中でここはチェコを取り入れ
他とは一線を画して地ビールを開発することに成功した地ビールです。

ゆふいんビール(大分県)

九州を代表する温泉地でもある湯布院町が開発した地ビールで、
観光客と地元の方々が気軽にお酒を通して交流できるようにしたいと
考えたのがきっかけで、ドイツの製法を取り入れて開発した地ビールです。
温泉と一緒に楽しむことができる湯布院町の魅力でもあります。

石垣島地ビール(沖縄県)

日本最南端の場所で開発された地ビールとして有名で、
商品のラインナップも沖縄県らしさを感じることが出来るものばかりで
特におススメは、「マリンビール」でビール独特の苦みが効いてなく、
爽やかな感じがして味わいも深いので和食と一緒にたしなむには丁度いいです。

いかがでしたでしょうか。九州地方の地ビール!色々ありますね。
気になった物がありましたらぜひ、一度飲んでみましょう。

関連するまとめ

知っておいて損なし!日本の新旧三大珍味

世界の三大珍味といえば「キャビア」「フォアグラ」「トリュフ」。 では日本の三大珍味は何でしょうか?

日本大好き

【最強グルメ】2017年も最強の秋田名物「生グソ」の販売開始! 夏だけ食べられる秋田…

秋田名物といえば、きりたんぽ、たいあん弁当、比内地鶏、稲庭うどん、金萬、とんぶり、餃天の赤餃子、しょっつる鍋…

東京とその周辺以外ではあまり売っていない食べ物3選

東京とその周辺地区にいると普通に食べられるのですが、それらの地域以外ではなかなかお店がなくて食べられない、と…

旅人

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング