馴染みの深いニホンマムシ

ニホンマムシは北海道から九州まで広く生息しています。つまり、それだけ遭遇する機会も多いということです。
体長は最大でも1メートルほどと、それほど大きくなるわけではありません。そのため、ひと噛みで注入される毒の量は少ないです。とは言え、死亡例もあるので油断は禁物です。これはどの毒蛇にも言えることですが、噛まれた時は速やかに医療機関で治療を受けて下さい。
ちなみに、滋養強壮の効果があると言われており栄養ドリンクの材料に使われることもあります。そういう意味でも馴染みの深い生き物です。

南西諸島の危険なハブ

ハブは南西諸島に生息する毒蛇です。体長は2メートルを超えることもあり、体が大きい分注入される毒の量も多いです。また、攻撃性が強いため危険な存在です。その一方で、ネズミを食べる益獣という側面も持っています。
ハブを退治するために導入されたマングースが南西諸島の生態系を破壊してしまったというのは有名な話ですね。

おとなしいが猛毒のヤマカガシ

今回紹介する毒蛇の中でも、最も毒性が強いのがヤマカガシです。性質はおとなしく、また毒腺が奥歯にあるため深く噛まれないと毒を注入されることはありません。ですが、万が一ということもあるので見かけても迂闊に触れないようにしましょう。
また、食べたヒキガエルの毒を貯めて頸から分泌するという離れ技を身につけています。

関連するまとめ

里親制度で可愛いペットたちと巡り合うメリット

ペットショップで高額でペットを購入するのも一つの手ですが、行き場がないペットたちを救う方法として里親制度があ…

ハムスター

放っておくと大変、空き家が劣化してしまう原因について

近年問題が深刻化している空き家について、放置していると劣化してしまう原因についてまとめました。

茶々子

マクドナルド “暴行画像”店頭に貼り出し

話題のニュース! 千葉県のマクドナルドの店舗で、男性客が店員に暴行したとして店側が暴行したとされる男性客の防…

関連するキーワード

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング