馴染みの深いニホンマムシ

ニホンマムシは北海道から九州まで広く生息しています。つまり、それだけ遭遇する機会も多いということです。
体長は最大でも1メートルほどと、それほど大きくなるわけではありません。そのため、ひと噛みで注入される毒の量は少ないです。とは言え、死亡例もあるので油断は禁物です。これはどの毒蛇にも言えることですが、噛まれた時は速やかに医療機関で治療を受けて下さい。
ちなみに、滋養強壮の効果があると言われており栄養ドリンクの材料に使われることもあります。そういう意味でも馴染みの深い生き物です。

南西諸島の危険なハブ

ハブは南西諸島に生息する毒蛇です。体長は2メートルを超えることもあり、体が大きい分注入される毒の量も多いです。また、攻撃性が強いため危険な存在です。その一方で、ネズミを食べる益獣という側面も持っています。
ハブを退治するために導入されたマングースが南西諸島の生態系を破壊してしまったというのは有名な話ですね。

おとなしいが猛毒のヤマカガシ

今回紹介する毒蛇の中でも、最も毒性が強いのがヤマカガシです。性質はおとなしく、また毒腺が奥歯にあるため深く噛まれないと毒を注入されることはありません。ですが、万が一ということもあるので見かけても迂闊に触れないようにしましょう。
また、食べたヒキガエルの毒を貯めて頸から分泌するという離れ技を身につけています。

関連するまとめ

ダイエット時の食生活と代謝

エネルギー代謝と食生活について知ることが、ダイエットの第一歩ですね。

知っておきたい大人のたしなみ。ふろしきとふくさの使い方

ふろしきやふくさは、日本人にとって昔から馴染みのあるものですが、意外と正しい使い方を知らない方は多いのではな…

暮らし生活の知恵

ウナギの蒲焼が食べられなくなる?! ニホンウナギ減少の危機!

夏になると食べたくなるウナギですが、絶滅危惧種になりそうなのをご存知ですか? ウナギに何が起きているのか、調…

rrra

関連するキーワード

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング