寒い時期になると見かけるようになるのがスタッドレスタイヤのコマーシャル。
雪国で生活しておられる方にとっては冬の必需品であり、命を守ってくれる重要な鍵となります。

そんなスタッドレスタイヤ、どうして雪の上でも滑らないのでしょうか?その謎に迫ります。

スタッドレスタイヤって?

一年を通して最も交通事故が多くなるのは冬期であり、雪道でのスリップ事故が多くなるのが要因です。実際、凍結した道路での制動距離つまり車がブレーキを踏んでから実際に止まるまでの距離は、乾燥した道路に比べて10倍近く長くなってしまうと言われています。そんな中、滑りやすい路面でもスリップしないために開発されたのがスタッドレスタイヤです。

どんな仕組みなの?

スタッドレスタイヤは、凍結した路面でもすべらないようにするため、多くの仕組みが凝縮されています。例えば、普通のタイヤよりも溝を深くすることにより雪をしっかりととらえ滑りにくくしたり、タイヤの溝のパターンを工夫してタイヤと路面の間に水がたまりにくくしています。それに加えてタイヤに使うゴムの素材に特殊なものを用いています。通常のタイヤよりも柔らかい素材でグリップ力を高め、なおかつ温度が下がっても硬くならない素材、路面との摩擦がより高くなるミクロ構造の素材が開発されています。スタッドレスタイヤは、そのような数々の技術の結晶なのです。

わたしたちの日常に深くかかわりのある運転。その縁の下の力持ちとなるスタッドレスタイヤにはこんなひみつがあったのですね!

関連するまとめ

私が選ぶ!お風呂上りに飲みたくなる飲み物!

お風呂上りに、ぐっと1杯飲みたくなる飲みものを紹介したいと思います。 それを、まとめてみました。

まとめマスター

秋はダニ・カビの繁殖期!! まずはベッドのダニ・カビ対策をしよう!

梅雨時だけでなく、夏から秋にかけて涼しくなる季節はダニやカビが大繁殖してしまうので注意が必要です。寝ているう…

taro

今やキャンプより人気!グランピングの魅力

最近話題のグランピングの魅力についてまとめました。 従来のキャンプと比較していいところを紹介していきたいと思…

CHIE

関連するキーワード

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング