中国の大気汚染のニュースは対岸の火事ではなく、私たち日本人にとっても大きな関心事ですね。日本全体に影響を及ぼす可能性のある大気汚染問題。どうしてなかなか解決されないのでしょうか。

中国での大気汚染現状って?

中国では、大気汚染の影響で毎年50万人が命を落としていると言われています。そして、日本へのPM2.5の飛来など近隣諸国への影響も問題になっています。では中国はなぜ大気汚染を抑制できないのでしょうか。

中国の大気汚染は、経済発展に伴って深刻化してきたと言えます。工場では石炭や石油などの化石燃料が用いられていますが、十分な環境対策が行われていないため多くの汚染物質を発生させています。
また、自動車のガソリンや一般家庭で暖房に使われる練炭は品質の悪いもので、やはり大気汚染の原因になっていると言われています。もちろん国として対策を行なってはいるのですが、急激な経済発展とそれに伴う人口増加の影響は大きく、問題がますます深刻になっているのが現状です。

どんな解決策が効果的なの?

必要とされる改善策として、石炭からよりクリーンな燃料への転換や、ガソリンの品質向上、エネルギー消費量そのものの縮小が求められています。しかしそれらを行なうには多額のコストがかかるため、中国のみならず近隣諸国とも協力しながら実現していかなければなりませんね。

日本に住む私たちにも大きな変化をもたらしてしまう大気汚染。すべての人が安心して空気を吸える世の中になる日はくるのでしょうか。

関連するまとめ

犬だって歯磨きはしてあげた方が良いんです

愛犬がマズルや口元を触らせてくれたら、その度にほめてあげましょう。最初は、短時間で切り上げて、終わったら散歩…

flower

運気を上げるには、玄関周りを綺麗に!重曹で簡単お掃除、その方法とは?

家族が毎日出入りする玄関。汚れていませんか? 人を招いても恥ずかしくないように、いつも綺麗にしておきたいです…

暮らし生活の知恵

今のうちから知っておきたいフィットする入れ歯の重要性について

日本人の総入れ歯人口は約1,000万人とも言われていますそれだけ多くの人が使っている入れ歯ですが半数以上の人…

あり

関連するキーワード

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング