ムサシとコジロウのパートナー、ニャース。
彼らがニャースのトレーナーと思いきや、実はロケット団所属のポケモンであり、
実は未だに野生のポケモンとして誰からも獲得されていないんですよ。
なんでも、本人が嫌がっているとかいないとか。
自分のことを「にゃー」と呼んでいますが、
物語の当初は「オレ」「おいら」だったんですって。知ってましたか?

ニャースの得意技であるはずの「ねこにこばん」、残念ながら使えません!
言葉を覚えために、その力を使い切ったんだそうです。
なので、使える技は「みだれひっかき」のみ。進化したりすることもできないそうです。
でも、人間の言葉を話し理解できるのは数あるポケモンの中でニャースのみ!
ムサシたちに通訳することが多いですが、そのことで視聴者にもポケモンの想いが伝わるので
とても頼りになる存在です。

でも、どうして人間の言葉を話そうとしたんでしょう?
彼は田舎で生まれ育った野良猫でした。
都会憧れ生まれ故郷から出てきたニャースは、メスのニャース・マドンニャに恋をします。
「人間だったら好きになる」と言われたニャースは、独学で二足歩行や言葉を覚えたんだそうですよ!
すごい努力家!そして一途なんですね!!
しかし、彼女はそんなニャースに「立ったりしゃべったりするポケモンは気持ち悪い」と一言。
グレてしまったニャースは、ロケット団にはいるのですが。
ニャースを振ったメス・ニャースは、酷すぎます!!

サトシたちの敵ではありますが、ポケモンがメインの話になると優しい一面を見せちゃいます。
現在放送中の『サン・ムーン』では、ニャビーに対して同情したり、
ニャビーのムーランドとの別れの際には悲しい表情をみせ影から見守っていたり。
ムサシやコジロウもそうですが、ニャースも根っからの悪党ではありません。
『ニャースのうた』では月に向かってギターを弾き歌いしていますが、その時の彼の表情はとても穏やか。
あれが、本来の彼の姿なのかもしれませんね?!

関連するまとめ

電車男から“電話男”に!? 新ドラマ「脳にスマホが埋められた!」主演俳優、伊藤淳史に…

ヒットメーカー・鈴木おさむが企画を務める新ドラマ「脳にスマホが埋められた!」(読売テレビ・日本テレビ系にて7…

gmkchoko

爆笑必須!絶対に笑える話【2ch・ツイッター・yahoo知恵袋】

投稿された笑える話でストレスを吹き飛ばしましょう!

h_t

関連するキーワード

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング