最近では、空き家問題というものが深刻になってきていますよね。そもそも空き家とは、1年間居住なし、電気や水道の使用がないなど、家はあるけど人が住んでいない、そんな状態の物件のことを呼びます。空き家の原因としては、少子化による人口減少による世帯数の減少などがあげられ、なくなる住宅よりも建てられる住宅のほうが多いことも重なり深刻な問題となっています。そこで今回は空き家が劣化しやすい原因を紹介していきたいと思います。

① 換気が行われない

通常、家は人が住んでいるときにドアの開け閉めや窓の開閉などによって、家の中の空気と外の空気を入れ替えています。さらには、換気扇などで換気をすることもありますよね。しかし、空き家では、このような人の手による寒気が行われないため、家の中に空気がこもってしまい、梅雨時期などは湿気がたまってしまいます。その結果、カビなどの菌が繁殖し、家が木造であれば住宅全体を腐らせてしまう可能性もあります。さらに、湿気はシロアリや蜘蛛、ねずみやへびなどの害虫の温床ともなる可能性があります。

② 水道が使われない

水道が使われないことにより、排水管内の水が蒸発してしまい、乾燥してしまうため、下水の嫌な臭いや虫などが上がってくることがあります。さらに、その排水管内のヘドロや異物が乾燥によって硬化してしまうことによって、排水管自体を劣化させてしまう可能性があります。さらには、水の流れがないことで、水に含まれる石灰などによって、給水管に沈殿物が発生することや、水回りのゴムが乾燥により劣化が早まるなどの問題も発生してきます。

③ 掃除や手入れがされていない

人が住んでいるときは定期的に掃除機をかけたり、雑巾で拭いたりするなど、家の中のごみやほこりを取り除いていました。しかし、それらを除去することがなくなるとホコリによって虫が発生したり、ものを劣化させたりしてしまいます。ものが長持ちするのは、定期的な手入れがあってこそなのですが、それができない空き家ではほこりやカビの除去ができません。そのため、人が住んでいるときよりも、空き家のほうが劣化が早いと考えられています。

関連するまとめ

文化施設(幼稚園や図書館)をモチーフにした絵本について

子供たちの情操教育に欠かせない、絵本の魅力について、 文化施設を舞台にした、お話をお伝えしたいと思いました。

あり

あなたが考えている食生活は本当に正しいと思いますか?

あなたが考えている食生活は本当に正しいと思いますか? ショウガやココアなどの効能についてまとめました。

暮らし生活の知恵

関連するキーワード

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング