①エルコンドルパサー(1999年 2着)

前年の1998年のジャパンカップを制覇し、海外挑戦を視野に1999年はスタートし、
凱旋門賞の前哨戦の意味合いの強かったフォワ賞を優勝するなど、調整はばっちりで
臨んだ凱旋門賞では、直線で先頭に立ち行けると思ったが、残り100mで
一番人気のモンジューに抜かれ惜しくも2着!しかし、日本馬でも凱旋門賞に通じることを証明しました。

②ディープインパクト(2006年 失格)

2005年にデビューし、無敗で3歳馬クラシックを制し三冠を達成した最強馬で、
この馬なら勝てるとほとんどの日本国民はそう思っていました。レースは、先頭の方をキープし、
最後の直線で一旦先頭にでるもいつものような伸びがなく、2頭に抜かれ3着!
後に禁止薬物が見つかるなどもあり、失格の扱いに!レース結果よりもいろいろと疑惑を残す結果になりました。

③オルフェーヴル

2012年と2013年、2年連続で凱旋門賞に挑みいずれも2着で終わった
名実ともに最強の日本馬としてファンを魅了させた競争馬です。
中でも2012年はゴール手前で抜かれてしまい、本当にあと1歩でした。
引退を撤回し、翌年に挑むも今度は追い上げが届かず2着に!
この馬でも勝てないのかと思ってしまうほどのことでした。

いかがでしたでしょうか。実力は十分にあるはずなのです。
あとは本当に勝利のみです!ぜひ、悲願を達成してほしい物です。

関連するまとめ

【春満開!】一眼レフ(ミラーレス)の基本的な機能を使って花を撮影しよう

花が美しい季節になりましたね。一眼など高機能のカメラが手ごろな値段で買える時代になったので、そのようなカメラ…

オトコのミカタ

徳川埋蔵金のありかの真実!! 実は・・・・

信じるか信じないかはアナタしだい。

flower

人気のハンドメイド!初心者からでも始められる5選!

今女子の中で人気のハンドメイドをまとめました♪可愛く自分流にアレンジしながらつくっちゃおう!

h_t

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング