THE虎舞竜

90年代初頭に「ロード」という曲が大ヒットし、ミリオンセラーも記録したが、
その後は続かず、未だにバンドは継続していて、ある意味「ロード」1曲で頑張っています。
ボーカルの高橋ジョージは結婚や離婚などで話題になるなど、一時期は音楽以外の所で
活躍するなどしていました。歌手は1曲売れると、息が長いことをこのグループが証明してます。

SIAM SHADE

アニメ「るろうに剣心」のエンディングに起用された「1/3の純情な感情」が大ヒットし、
その後のドラマやアニメにタイアップされたもののなかなか似たような感じでヒットせず、
バンドとしてのレベルや質は高いのになかなかヒットに恵まれなかった悲運なバンドです。
その後一時期復活するなどし、往年のファンを楽しませていました。

ペニシリン

アニメ「すごいよ!マサルさん」の主題歌に起用された「ロマンス」が大ヒット!
その後も期待のバンドとして取り上げられるも、なかなか芽が出ず、
もともとライブハウスなどでのライブをメインにしていたバンドなので、
あまりセールスは気にしていない模様です。現在でも精力的に活動中です。

いかがでしたでしょうか。一発屋と言われた音楽グループ!
しかし、芸人と違いひとつでも売れれば、音楽グループの寿命は長い見たいです。

関連するまとめ

「世界で最も美しい顔100人」歴代1位まとめ

映画レビューサイトTC Candler.comで毎年発表される「世界で最も美しい顔100人」の歴代1位をまと…

百獣の王

【アラサー必見】1990年代に週刊少年マガジンに連載していたオススメ漫画

少年マガジンが一番輝いていた時代、それは90年代!!そんな至極の名作についてまとめてみました。

GACKT「ぶっ飛ばす」中川パラダイスに激怒!?

芸能ニュース! 3月2日放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)に、ミュージシャンのGACKT(43)が出…

関連するキーワード

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング