野島伸司

「未成年」「人間・失格~たとえば僕が死んでも~」「ひとつ屋根の下」など
多くの名作を生みだした平成の脚本家で、コアなファンが多いことで知られています。
1話1話ごとで泣けてくるエピソードが多く、どのドラマも見ごたえがあります。
しかし、その年のセンセーショナルな事柄を話題にするので、今では放送できない
ドラマも多いです。ある意味見るのが楽しみなドラマが多い脚本家です。

岡田恵和

「若者のすべて」「ビーチボーイズ」「彼女たちの時代」など
これまでに様々なドラマを作ってきた脚本家の一人で、どのドラマ安心してみることができます。
現在も「ひよっこ」の脚本などで活躍中です。若いころのジャニーズ俳優や今では主演を飾っている俳優の
新人時代などを見ることが出来るドラマが多いので、初々しい姿も楽しみに見れるドラマです。

宮藤官九郎

「池袋ウエストゲートパーク」「木更津キャッツアイ」「ごめんね、青春」など
これまでに多くのバラエティ要素が含まれたドラマを作成してきた脚本家の一人です。
最近では「あまちゃん」を書いたことでも有名で、どのドラマもリズムが良い感じで
進行されるので見ていて楽しいですよ。ぜひ、おススメします。

関連するまとめ

【恐怖の絵本】絶対に見てはいけない子供向けの絵本3選

トラウマになるほどの恐怖の絵本をまとめました。絶対に見ない方がいいかも...。

midorimushi

「一発屋になりそうな男」2位ピコ太郎を大きく引き離し、ダントツ1位は永野。本人の反応…

SPA!恒例企画「男が選ぶ[好きな男・嫌いな男]」。各ランキングに1人1票という形で30~49歳の男性500…

【バイオ7】「ドウターズ」から見えてくるベイカー家のポイント

大きな話題を呼んだ「バイオハザード7」。その興奮覚めやらぬうちに配信されたDLCコンテンツ「ドウターズ」。本…

yuriacom

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング