エディックスのスタイル エディックスは三人がけシートを採用している関係で販売されていた2004年頃の車としては比較的広い全幅1795mmとなっていました。一方二列シートハッチバックのため全長が4285mmと短めになっており、ミニバンではやや低い全高の1610mmとあいまって独特のスタイルとなっていました。外観的にはヘッドライトがプロジェクターヘッドライトになっているものや、後期に追加された24S、Sパッケージなどのバリエーションがあります。

エディックスのインテリア エディックスのインテリアの特徴は三人がけシートが二列に配置されていることで、中央のシートが前席は270mm、後席は170mmスライドすることで六人乗車時にも左右シートに座っている人と肩が当たらないように工夫されています。さらに中央のシートにチャイルドシートが取り付けられることもこの車ならではの特徴となっています。前席の中央席は畳んでテーブルとしても使えます。

エディックスのメカニズム エディックスは当初130馬力1.7リッターエンジンと156馬力2.0リッターエンジンの設定となっていました。後期型は1.7リッターエンジンが廃止され162馬力の2.4リッターエンジンが設定されました。変速機は5速オートマチックが用意され(4WDは4速)インパネシフト配置でした。ヨーロッパ仕様では2.2リッターディーゼルと6速マニュアルという設定もありました。

エディックスの中古車 エディックスはユニークさゆえヒット車にはなり得なかったのですが、特に初期型の中古車は一定量で回っています。後期型や2.4リッター車はかなり数が少ないようです。

関連するまとめ

ネットで調べたニーチェ、反キリスト教の理由ついて

ネットで調べたニーチェ、反キリスト教の理由ついて

考える人

油絵趣味においてのメリットとデメリットについて

近頃は、数多の趣味のひとつである「油絵」について改めて勉強したいと思っています。 なので、今回は、油絵を始め…

専門君

AKB48小栗、メンバーを「パシリに使った」と暴露される

芸能ニュース!! 2月24日深夜放送の『AKB48・Team8のブンブン! エイト大放送!』(日本テレビ系)…

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング