映画を見ているときによく出てくるシーンとして、俳優がお酒をかっこよく飲んでいるところがありますよね。そんなシーンを見たときには、自分もあんな風に男前に決めてみたいと憧れてしまうものです。今回はそんなかっこいいお酒が登場する映画を紹介してみたいと思います。お酒が好きな方はぜひご覧なってください。

「カサブランカ」

 1942年に公開された映画「カサブランカ」で、ハンフリー・ボガード演じる主人公リックが恋人イルザに対して語る台詞「君の瞳に乾杯」はあまりにも有名ですよね。もしかしたらこの映画を知らなくてもこのセリフを口にしたことがある人は多いのではないでしょうか。このシーンの中で、彼が口にしていたのがシャンパンで銘柄は「マム コルドン ルージュ」というものです。男なら一度は行ってみたいセリフですね。

「カクテル」

 1988年に公開された「カクテル」はトムクルーズ演じる主人公フラナガンが話題となり大ヒットしました。その主人公の友人でバーのマスターであるダグがフラナガンのために作ったカクテルが「レッドアイ」というものです。皆さんがよく飲むような
レッドアイはビールをトマトジュースで割ったものですが、この映画の中ではその中に卵黄を入れており、それがまさしく赤い眼のようになっているのが印象的です。

「コンスタンティン」

 2005年公開の映画「コンスタンティン」からはキアヌ・リーブス演じる主人公コンスタンティンが愛飲するアイラモルト「アードベック10年」が登場します。アルコール度数が46度と非常に高く、インパクトのあるお酒ですね。このお酒が男の世界観を溢れ出させていますね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。お酒は映画の魅力や世界観を引き立たせる重要なパーツでもありますね。皆さんも映画で出てきたお酒を真似してその世界観に浸ってみるのみいいですし、自分にあう男前なお酒を探し求めてみるのもいいかもしれませんね。

関連するまとめ

【笑いの神降臨!】松ちゃんの最高傑作VISUALBUMではこれを見よう!

笑いの神様とも形容されるダウンタウン。松ちゃんの登場以降は、松ちゃんの笑いイコールおもしろいこととなりました…

オトコのミカタ

紅白出場が1回だけの男性歌手・グループ!

毎年、年のくれを楽しませていただける紅白歌合戦! 実はいろいろな意味で1回しか出てない歌手がいます。 そこで…

宗國

ハマる人続出!村上春樹の作品が世界に愛される理由

いまや日本を飛び出して世界に名をとどろかせている村上春樹の人気の理由をまとめました。

つくくん

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング