夏休みの宿題で星を観察する子供たちも多いですが、いまは昔よりもさらに宇宙を身近に感じることができるようになってきました。
宇宙エレベータという夢のような装置もいまの技術では実現可能かもしれません!いとも簡単に宇宙に行けるものならぜひ行ってみたいですよね。

そんな宇宙エレベータの可能性は果たしてどんなものなのでしょうか?

宇宙エレベータって?

宇宙への旅、それは人類が昔から抱いてきた夢の一つです。現在では宇宙飛行が可能になったものの、実際に宇宙に行けるのは限られた人だけ。日本人ではこれまで10人の宇宙飛行士が経験したのみです。しかし将来、誰でも自由に宇宙に行くことができるようになるかも知れません。宇宙エレベータというものが実現する可能性が出てきたからです。

どうやって可能に?

これまでは、地上に伸ばすケーブルとして使える強度の物質がないために実現不可能と言われてきました。鋼鉄の180倍もの引っ張り強度のある素材が必要だからです。しかし1991年に日本で発見されたカーボンナノチューブという素材が宇宙エレベータを作るのに必要な強度と軽さを持っていることがわかり、実現の可能性が出てきました。この素材の実用化にはしばらく時間が掛かりますが、強い期待と共に研究が続いています。

いかがでしょうか?そんな遠くない未来に思いを馳せるのもすてきですね。

関連するまとめ

もう死語!昔流行った言葉3選!思いだせます?

小さい頃や学生のころに流行った言葉って覚えてますか? まさか、現在で使用されている方はいらっしゃらないと思い…

宗國

「お部屋探し」の参考にも?!【JR東日本】各駅の乗車人員ランキング

2015年度のJR乗車人員ランキングをまとめました。 1位はやっぱりあの駅でした。

日本大好き

宮城「がんばろう!石巻」の看板が2代目に

東日本大震災の後、被災者を元気づけようと宮城・石巻市内に置かれていた「がんばろう!石巻」の看板が老朽化などを…

関連するキーワード

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング