オコタンペ湖

※これは恵庭岳登山道から見たオコタンペ湖で、「展望台」から見たものではありません。

「オコタンペ湖」は、「支笏湖」の近くにある周囲5kmほどの小さな湖です。近くに「恵庭岳」があり、その噴火による噴出物が川を堰き止めてできた湖です。
札幌からは支笏湖へ向かう「国道453号線」を進み、恵庭岳登山口付近でオコタンペ湖への「道道78号線」を進むと「展望台」があります。オコタンペ湖を見ることができるのは、展望台のみです。湖畔までは降りることができません(踏み跡はありますが、降りるのは禁止されています)。よって、見るだけなので、三大秘湖に選ばれています。

展望台から道道を先を進むと、湖から流れるオコタンペ川を渡ります。オコタンペ川は滝状の流れで、急傾斜で支笏湖へ流れ込んでいます。展望台から先は通行止めになることも多いので、注意してください。

支笏湖観光のついでに訪問することを、おすすめします。

オンネトー

「オンネトー」は、雌阿寒岳のふもとにある、火山による堰止湖です。湖水は酸性度が高く、魚が住めません。そして温泉成分も含まれるためか、湖水が青く見えたり色が変わります。
秘湖とは言っても、舗装道路が湖畔に沿っており、観光客も結構やってきます。特に秋の紅葉がきれいで、バスが次々にやって来て、観光客で賑わいます。キャンプ場もあり、雌阿寒岳の登山者も多いので、秘境感はありません。けれど、美しい湖であることは間違いなく、ぜひ訪れて欲しい湖です。

東雲湖

「東雲湖(しののめこ)」は、「然別湖」の近くにある周囲1km程の小さな沼です。水深は浅く、「ヨシ」等の植物に埋め尽くされつつあり、いずれは草原になる沼です。

東雲湖に行きたいなら、アウトドア装備で行く必要があります。然別湖のアウトレットから東雲湖へ行く遊歩道があり、1時間以上歩く必要があります。遊歩道というより登山道に近く、近くの白雲山や天望山の下山道として使われる道です。観光のついででは行けませんので注意してください。
また、カヌーで然別湖を横断して東雲湖付近に上陸し、歩いて東雲湖へ行く方法もあります。然別湖にはアウトドアガイドさんもいますので、利用するのも良いでしょう。

東雲湖の周囲にはナキウサギも生息し、高山植物の宝庫です。軽いハイキングか、登山と組み合わせて行くと良いでしょう。

チミケップ湖 (おまけ)

最近、三大秘湖は「東雲湖」「チミケップ湖」「シュンクシタカラ湖」という紹介もあります。こちらの方が秘湖にふさわしいとも言えます。

「チミケップ湖」は、津別町にある周囲7.5kmの小さな湖です。チミケップ湖にはキャンプ場もありますし、ホテルまであります。よって秘湖ではない気もしますが、実際に行ってみると、何もない山の中にポツンと湖があり、世間から隔絶された印象があるのです。天然湖なのに、周りに火山もなく、温泉もなく、特に見るべきところがありません。どうしてこんなところにという場所にチミケップ湖はあります。

逆に何もないところが、チミケップ湖の魅力です。世間の喧噪を忘れて、1日何もせず過ごしてみてはいかがでしょうか。

北海道三大秘湖 まとめ

いかがでしたか?。湖畔には行けない湖や、歩かないと行けない湖、実は観光客が多い湖、そして何もない湖と個性豊かな4湖を紹介しました。知ったことは面白かったけど、行くのはちょっと考えるという人が多いかもしれません。でも、手つかずの自然に触れることも良い経験だと思います。

北海道には他にも秘湖はたくさんあり、優劣は難しいです。機会があれば、更に紹介したいと思います。

関連するまとめ

岐阜県の温泉地下呂温泉についてお勧めな歩き方

岐阜県の温泉地である下呂温泉についてお勧めな遊び方、歩き方についてまとめました。

冒険王

【最新ビジネス用語】インバウンドって何?【解説】

最近、新聞やニュースなどでよく見かける「インバウンド」という言葉の意味と、なぜ注目されているかをまとめました…

rrra

死ぬまでに一度は行きたいお伊勢さん参り!

昨年、伊勢志摩サミットでも話題となった三重県伊勢市を伊勢神宮を中心とし、おすすめのスポットもご紹介します。

旅人

関連するキーワード

ペトウトル

登山、釣り、山菜取り、野花観察が趣味です。
北海道を紹介します。

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング