みなさんは漬け込み酒を作った事はありますか。よく梅酒などを作るときに瓶の中に梅の実と氷砂糖とホワイトリカーを漬けて、長時間経過するとなんともおいしい梅酒が出来上がるのですが、こういったように漬け込み酒には、梅酒だけではなく様々なレシピがあり、漬け込む物やまた日数によって様々な味わいを楽しむことができます。今回はウイスキーをベースにした漬け込み酒のレシピについて紹介していきたいと思います。

ウイスキー×みかん

 まず、下ごしらえとしてみかん(1~2個)を丁寧に水洗いをし、皮をむいてから、中身の白いわたと筋を綺麗に取り除いてから、半分に切ります。このときみかんの皮も漬け込みに使用しますので、きれいに洗ってから白いわたと筋を取り除いてください。
 次に、漬け込み用の瓶にみかんとみかんの皮を入れ、砂糖(25g)を入れてから、ウイスキー(150ml)を注ぎます。さらにそこにレモン(1個)の果肉を加えてから、ふたをし、直射日光のあたらない冷暗所で保存します。そこからおおよそ3日経過すれば飲み頃となります。中身を取り出してお好みの飲み方で楽しめます。

ウイスキー×リンゴ

 下ごしらえとしてリンゴを丁寧に洗ってから水気を拭きとり、皮をそのままに6~8頭分に切ります。
 漬け込みようの瓶にリンゴと砂糖(50g)とウイスキー(150ml)を入れ、ふたをして、同様に保存をします。そこから5~6日間で飲み頃です。リンゴを取り出して楽しみましょう。

ウイスキー×ジンジャー

ジンジャー(25g)を丁寧に水洗いしてから、皮を付けたまま3mm程度の厚さに切ってください。漬け込みようの瓶にスライスしたジンジャーとレモンスライス、砂糖(50g)とウイスキー(150ml)を入れてから、保存します。
 おおよそ7日間で飲み頃です。中身を取り出してお好みの飲み方で楽しみましょう。

まとめ

漬け込み酒はご家庭でも簡単に作ることもできますし、組合せによって様々な味を楽しむことができますので、お酒が好きな方はぜひトライしてみてください。

関連するまとめ

便利過ぎる!料理をするならこれだけは冷凍しておきたい食材3選!

いかがだったでしょうか。 ぜひ試してみてください。

flower

春の山菜といえばこれ!ふきの魅力と美味しい食べ方

長い冬が終わり、雪解けが訪れるとともに芽吹き始めるふきのとう。冬眠から目覚めたばかりの熊もこのふきのとうを最…

スカッとじゃぽん

レモンベースのさっぱりソース三選をご紹介

ソースにレモンをプラスするだけで、さわやかな香りと酸味のあるソースに大変身します。そこで、レモンを使ったソー…

あり

関連するキーワード

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング