■小学生の「おねしょ」、実は夏にも多くなる!?

小学生のお子様がいる親御さんの多くが悩む「おねしょ」。

これまで「おねしょ」は冬場になると回数、おしっこの量が増加し、夏場になると量・回数がともに減るというのが定説でした。

しかし、近年では夏にも「おねしょ」の回数・量が増加することが分かってきました。

■小学生の「おねしょ」が夏場に悪化する理由

元々、おねしょが冬場に悪化する理由は気温が低くなり、おしっこの回数が増えると同時に、汗の量が減るためにおしっこの量が増えるのが原因でした。逆に夏場は汗の量が多くなりおしっこ量が減るため、おねしょの回数・量が減っていたわけです。

ところが、近年では昼夜問わず室内ではエアコンを使用することが多くなり汗をかく量が減少、同時に熱中症予防のために頻繁な水分補給が推奨され、結果として夏場でもおしっこの回数・量ともに増えてきているのです。

逆に言えば、夏場でも「おねしょ」の回数・量が増えているということは、しっかり熱中症対策が出来ているということですから、心配する必要は全くありません。

■夏場の「おねしょ」対策こそ、おむつを積極的に活用しましょう!

夏場に増える「おねしょ」は心配しなくても大丈夫とは言っても、やはり「おねしょ」をされると洗濯などの手間が増えて困りますよね。

そんな時こそ「オヤスミマン」などのおねしょパンツや、「ビッグより大きいサイズ」や「スーパーBig」などの小学生向けのサイズのおむつを活用しましょう!

「おねしょ」はいずれ成長すればしなくなっていくものですから、焦らずにおむつを積極的に活用して、笑顔でおむつ卒業の日を迎えましょう!

関連するまとめ

赤ちゃんがハイハイをはじめたら気をつけたい3つのこと

生後7カ月ころから赤ちゃんはハイハイをするようになります。 そんな赤ちゃんの安全を守るためのポイントをまとめ…

暮らし生活の知恵

成績を上げるコツは「習慣」の力を使うこと

成績アップとするには、習慣の力を使う事です!!

子供たちに是非身につけて欲しいスキル!語学、音楽、運動

「文武両道」という言葉がありますが、ぜひこれに「音楽」も付け加え、幅広いスキルを身につけた子供に育てましょう…

暮らし生活の知恵

関連するキーワード

峠の425

主に子育てや旅行関係についてまとめていきます。
旅行会社勤務で、総合旅行業務取扱管理者・旅程管理主任者資格を所持。
国内外の子育てにも興味があります!
趣味は旅行会社勤務ということで、旅行、特に鉄道を使った旅行が大好きです!
よろしくお願いします!

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング