北岳 (3193m)

「北岳」は富士山に次ぐ日本第二の高峰です。一般的には知名度が低いですが、登山の世界では有名な山です。南アルプスでは少ない岩場を持つ山で、山頂から一気に切れ落ちる「北岳バットレス」は、クライマーの憧れになっています。
また北岳は、花の山です。「キタダケソウ」が有名ですが、梅雨の最中に咲くので、まだ雪も多い時期でもあり、なかなか見れません。でも、他の花もいっぱいなので十分楽しめます。
日本第二の高峰ですが、東京からも近く、一番簡単なルートを使えば、それ程難しくなく山頂へ登ることができます。それでも富士山に登るのとは訳が違うので、低い山で経験を積んでから登ってください。

穂高岳 (3190m)

「穂高岳」は日本第三位の高峰で、岩と雪の殿堂として大人気の山です。上高地の知名度は高く、その河童橋から見える高峰が穂高岳です。
絶壁に囲まれ、どうやって登っていいのかわからない穂高岳ですが、登山道が整備されていますので、一番簡単なルートであれば、それ程危険もなく山頂へ行けるでしょう。でも、少しルートを変えるだけで難易度が高くなり、中には一般登山道最難関の道もありますから、十分注意して登ってください。

山頂への途中に氷河地形の「涸沢カール」があります。数多くのテントが並び、日本最大の登山基地だと実感します。
まずは一番簡単なルートで登ってください。それでも滑落すればただでは済まない山ですから、十分に注意をして低山で経験を積んでから登ってください。

槍ヶ岳 (3180m)

「槍ヶ岳」は山頂部の「穂先」の形状が特徴的で、日本アルプスの象徴の山です。「アルプス一万尺」の歌の「小槍」は、槍ヶ岳の穂先の一部の岩峰です。とても踊ることはできない場所です。
穂先は絶壁になっていて登れそうもありませんが、ルートはしっかり整備されており、それ程難しくありません。三点確保をしっかり守って登れば、あっさりとクリアできるでしょう。山頂からの眺めは絶景です。相対する穂高岳の岩山や、眼下に広がる黒部源流など、見所満載です。
槍ヶ岳に登るのも、一番簡単なルート「槍沢」を使えば、危険なところはありません。穂先の部分を除けば、北岳、穂高岳より危険が少ない山です。とは言え、天候が悪化すれば3000mの高地ですから、十分な注意と装備を持って登ってください。

日本のおすすめ高山 まとめ

いかがでしたか。山というと富士山が有名ですが、登山に興味を持つようになると、今回紹介した山が人気上位になります。ある程度経験を積んだら、少し難易度のあるコースを選ぶと、より楽しめると思います。

ただ、装備は十分に整えてください。悪天候では無理をせず撤退してください。遭難は年々増加しています。楽しいはずの登山も、残念な結末では本末転倒です。

山の上には山小屋もあり、一夜を過ごすのも良いでしょう。ぜひ3000mの稜線へ足を運んでください。涼しさと絶景が待っています。

関連するまとめ

【移住したくなる】東京の知られざる素晴らしい街 / 東京都清瀬市のいいところ10選

皆さんは東京都の多摩地区にある街・清瀬市のことをご存知だろうか。人口は7万人ほどの小さな街であり、「東京の住…

おすすめの美味しいお弁当!和歌山県の駅弁3選!

駅弁には、それぞれの地方の名産品が含まれています。 和歌山県の美味しい駅弁をご紹介します。

旅人

山形県の特産品をご紹介します!是非購入してみて下さい!

山形県の特産品をご紹介したいと思います。 お土産などにも良いようなものとを紹介したいと思います。 それらをま…

TKG

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング