1.国債で運用する

あくまでもノーリスク商品で堅実に運用したいという方は、国債で運用するという方法が
あります。ご存じの通り、国債は国が発行する債券ですので、デフォルト(債務不履行)で
もない限りほぼ安全といえます。

個人向け国債

金融機関の窓口や営業マンがセールスする個人向け国債で、金利は定期預金より少し有利
ですし、金利0.05%の最低金利保証があり安心です。また、預入金額も1万円からと大変
お手軽ですし、1年以上保有すれば途中解約もできます。

新型窓口販売国債

また、新型窓口販売国債は、期間10年で金利0.1%(平成29年7月債)と有利な条件にな
っていますし、途中解約もいつでもでき、金利が低下していく時には、価格の値上がりよっ
て売却益をゲットすることも可能です。もちろん、価格が下がる場合には、満期までおいて
おけば元本保証でノーリスクです。

ただ、日本銀行が年間で80兆円もの国債を買い入れていますので、募集枠はかなり少なく
一部の証券会社、銀行等でしか取り扱いしていません。

2.社債で運用する

社債は、国債と同じように満期まで保有するば、元本とその利子の支払いは保証されます。
また、金利面でも、国債より有利になっているケースが多いです。ただ、今は大企業でも経
営破綻するリスクがありますので、しっかりとした経営内容の会社を選びましょう。

3.まとめ

国債も社債も定期預金より金利が高く、投資信託や外貨預金よりもリスクが少ないといえますので、積極的に運用されることをお薦めします。

関連するまとめ

【要注意】キャッシングで破産手続きをしないために

破産手続きをしない為に計画的にキャッシングを利用することが大切になってきます。

青い彗星

あなたの金製品は売れる?-使わない金製品を売る時の注意

金は化学的に作り出すことができず、総量も限られているので通貨と違って価値が変わることがありません。自国通貨が…

リカ

お金を借りたいけど土日!そんなときはどうする?

どうしても今日中にお金が必要、でも土日で借りられるか分からないと言うときの方法についてこれから解説していきま…

関連するキーワード

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング