「これを知っていればお酒通?アマレットの紹介と飲み方」

皆さんはアマレットというお酒をご存知でしょうか。バーなどによく行くという方であれば名前ぐらいは聞いたことがあるかと思います。アマレットというお酒は簡単に説明すると、アンズの核を原料に使用し、それをブランデーの中に漬けこんだリキュールの事で、豊かな風味と強い甘みが特徴のお酒ですね。度数は28%と高めのお酒なのですが、カクテルなどにするとその風味が一段と引き立つお酒となっています。今回はそんなアマレットというお酒について紹介していくとともに、簡単にできるアマレットの飲み方を紹介してきたいと思います。

アマレットとは

アマレットはイタリアのデイサローノというメーカーがつくっていることで有名ですが、このアマレットという名前の由来はイタリア人の画家の恋人の女性が彼にプレゼントするために作った甘いお酒というものでした。日本ではこのデイサローノ社のアマレットのみ取り扱っていることが多く、ビンも特徴的ですのでお酒の専門店などに行くとよく見かけることもあります。

アマレットの飲み方①「アマレットジンジャー」

アマレットジンジャーはアマレットの最も基本的な飲み方といっていいでしょう。味の方も甘くて飲みやすいので、お酒が苦手という方でも飲むことができると思います。作り方はいたって簡単で、グラスの中にアマレットを適量そそぎ、次にジンジャーエールを注いで、軽くステアすれば完成です。アマレットの風味と味を存分に感じることができるので、まずはここから飲み始めるとよいでしょう。

アマレットの飲み方②「ゴットファーザー」

言わずと知れた名前がかっこいいカクテル、それがゴットファーザーです。映画のタイトルからその名がつけられたこのカクテルですが、作り方としてはウイスキー40ミリにアマレット15ミリを入れて、軽く混ぜることで作ることができます。男らしく決めたいときはこれですね。

アマレットの飲み方③「ゴットマザー」

ゴットファーザーのパロディ的に作られたような名前ですが、味は確かです。作り方はウォッカ40ミリとアマレット15ミリで作ることができます。

アマレットの飲み方④「フレンチコネクション」

バーでこの名前を見たら思わず頼みたくなってしまうぐらいお洒落な名前のカクテルですよね。このカクテルはブランデー40ミリとアマレット15ミリで作ることができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回はアマレットについて紹介していきましたが、アマレットはとても甘いお酒ですので、女性にもとてもおすすめですし、男らしく飲むことができるカクテルも作ることができます。この記事を読んでバーなどに行った際はぜひ注文してみてくださいね。

関連するまとめ

【豚肉】を使ったお手軽レシピ三選をご紹介します!

豚肉を使った簡単にできるレシピをご紹介します。ご飯も進む新定番おかずにおススメです。

貧乏主婦でもキレイになりたい!低価格で栄養価の高い食材選び

低価格でもきちんと栄養バランスの取れた食事で、家族の健康を守りましょう。栄養価が高く、安い食材についてまとめ…

あり

キャラ弁初心者でもスグ出来る!簡単で可愛いおにぎりの作り方!

簡単に可愛く作れる伽羅弁おにぎり一度試してみてください。

flower

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング