イトウについて

イトウはサケ科の魚です。サケやニジマス、ヤマメ、イワナ等と比較すると、かなり違った魚に思えますが、サケ科の特徴である「脂鰭(アブレビレ)」があり、れっきとしたサケ科の魚です。また「サケ科イトウ属」と独立した種族でもあります。

体長が1mを超えるものが今でも釣れたりします。イトウを漢字で書くと「魚鬼」(1文字ですが、機種依存文字より2文字で表現)と書き、悪食な魚でもあります。通常は川や湖に生息しますが、海でも捕獲されることがあります。その辺の生態はあまり良くわかっていないようです。寿命は20年以上もあり、長寿の魚です。

イトウが生息する場所

朱鞠内湖 展望台

朱鞠内湖 展望台

今は北海道でも限られたところにしか生息しません。川では、道北の河川や釧路方面の川が主な生息域です。北海道を代表する河川の尻別川や十勝川では、見ることが難しくなってきました。特に尻別川は、イトウの天然繁殖は厳しいようです。

湖では、朱鞠内湖と金山湖にイトウが生息しています。どちらも釣り人憧れのフィッシングエリアになっています。

イトウを見るには

山の水族館

山の水族館

イトウを是非見たいという人は、水族館がおすすめです。北海道北見市留辺蘂町にある「山の水族館」では、イトウが数十匹泳ぐ姿を見ることができます。山の水族館の一部の水槽は、冬に水面が凍り付き、その下を魚が泳ぐ自然の姿を見ることができます。淡水魚専門の小さな水族館ですが、楽しめる仕掛けがいろいろあり、おすすめです。

また、南富良野町の道の駅にもイトウがいます。こちらはこじんまりとした展示ですが、道の駅といっしょに楽しめますので、おすすめです。近くを流れる空知川には、イトウが今なお生息しています。

イトウについて まとめ

いかがでしたか。日本にイトウのような大きな魚がいることに驚いた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
最近は保護活動も進み、イトウの減少に歯止めがかかりつつあります。十勝川は絶滅が心配されていましたが、最近は少し姿を見ることもできるようになりました。でも、絶滅危惧種であることは変わりなく、これからも保全が必要だと思います。

みなさんも北海道に来た際は、日本最大の魚「イトウ」を見てみてください。

関連するまとめ

【GWおすすめ】兵庫県の神戸でおしゃれ巡り

ゴールデンウィークの丁度いい季節に神戸でブラリ旅をされてみませんか。 神戸の魅力をご紹介いたします。

旅人

首都圏で人気のベッドタウン、流山市の魅力とは!?

都心から電車で約20分、近年子育て世代を中心に人口流入が著しい人気タウンが千葉県の流山市です。今回はその流山…

rrra

中世の姿を感じる街スペイン「トレド」を歩こう!

古代ローマ時代の要塞都市として繁栄した街「トレド」。スペイン国内でも中世の姿を感じる貴重な街です。美術館や大…

冒険王

関連するキーワード

ペトウトル

登山、釣り、山菜取り、野花観察が趣味です。
北海道を紹介します。

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング