ミノー

「ミノー」は子魚の形をしたルアーです。ミノーには更に種類があり、「シンキング」「サスペンド」「フローティング」があります。
シンキングはラインを巻かないと沈んでいくタイプで、サスペンドは浮きも沈みもしないタイプ、フローティングは浮かぶタイプです。よく使われるのは、シンキングです。
外見が小魚なので、イメージしやすいルアーです。あたかも泳いでいるようにミノーを操作して、釣れた時の感動は大きいです。
ただ、以下で紹介するルアーより高価であるため、ロストすると痛いルアーです。

スプーン

「スプーン」はルアーの元祖です。昔、間違ってスプーンを水面に落としてしまったところ、魚が喰いついてきたところから、スプーンの形状のルアーが作られたと言われています。
スプーンは金色や銀色だったり、魚の塗りがされていたりと多様です。基本的に糸を巻けば、ひらひらと泳いで魚を誘います。また、引くスピードを変化させて魚の興味を持たせることで釣果はアップします。
スプーンは構造が簡単なので安価なものが多く、数を揃えることができます。障害物がある場所でも、ロストを恐れずアタックできる利点を持っています。また、風の影響を受けにくく、遠くに飛ばすこともできるところが利点です。

スピナー

「スピナー」は、金属プレートが付いており、ラインを巻くとプレートがぐるぐる回ります。この動作に魚は興味を持ち、銜えてきます。
スピナーはプレートが回らなければならないので、基本的にはラインを巻くだけです。魚を誘うアクションが前二者より限られますが、逆に初心者には引くだけで済むので操作が簡単で良いルアーです。そして良く釣れるので、初心者にはおすすめのルアーです。
ただ、管理釣り場ではスピナーの効果は十分発揮できないようです。ネイティブトラウトには効果があります。

トラウトルアーまとめ

いかがでしたか?。ルアーはコレクションするだけでも楽しいアイテムです。生き餌でもないルアーで魚が釣れるのは、最初は半信半疑ですが、実際釣れるとルアー釣りの虜になると思います。

そして、最初は釣れる管理釣り場が良いと思います。釣れない日ばかり続くと、ルアーじゃ釣れないと諦めてしまう可能性があるからです。管理釣り場で技術を習得し、自然のフィールドでネイティブトラウトを釣ってください。

是非ルアー釣りを始めて、大物を釣りましょう。

関連するまとめ

アクアリウムを始めたい方必見!初心者が飼育しやすい熱帯魚

今からアクアリウムを始めようと、熱帯魚ショップに行くと多種多様の魚が展示されどの魚を選べばよいのか迷ってしま…

世界の雑学王

日本を代表するキリスト教の教会を3つ紹介します!

宗教的関心が薄いと言われる日本ですが、キリスト教の美しい教会がいくつも存在しています。一度は訪れたい名建築を…

なおさん

今日本のポップスシーンで輝きを放っているSuchmosが人気の訳とは!?

音楽業界期待の超新星。 ブラックミュージックをルーツに現代的な音楽を鳴らすバンド「Suchmos」 10代の…

つくくん

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング