酸素透過率とは?

酸素透過率は、酸素透過性とも言われ、そのコンタクトレンズがどれくらい酸素を通しやすいかを表す数値です。

意外ですが、実は目の角膜も皮ふと同じように呼吸をする器官です。
瞳にはたくさんの内皮細胞が詰まっています。

目の怪我や加齢などで、内皮細胞は少しずつ細胞が減っていくのですが、注意したいのが酸素不足による細胞の減少。
すぐに症状となってあらわれることは少ないのですが、長いスパンで見た時にコンタクトレンズがどれくらい酸素を通すのかが大切になってくるのです。

どんなコンタクトレンズを選べばいい?

酸素透過率は(Dk/L)という値で表されます。

目の健康を考えるのであれば、100,0Dk/L以上が推奨されています。

長時間つけている人や、うっかりコンタクトを装着したまま寝てしまった時でも、これくらいの酸素透過率があるものであれば問題が少ないと言えます。

ちなみに眼科での取り扱いが多い「ワンデーアキュビュートゥルーアイ」の酸素透過率は118Dk/L。
取り扱いが多いコンタクトには理由があるようです。

要注意なコンタクトレンズは?

最近は処方箋がなくてもネットでコンタクトレンズが購入できるということもあり、さまざまなメーカーのコンタクトレンズが選択できるようになりました。

中には驚いてしまうほど価格が安いものがあります。
毎日使うものなので、安価だと魅力的に感じてしまいますよね。

しかし目は取り替えることのできない大切な器官なので、自分のコンタクトをつけている時間なども考慮して選ぶのがおすすめです。

酸素透過率を気にしたことがなかったという人はぜひ注目して、将来の目の病気リスクを減らしましょう。
日常的にカラコンを使用している方は特に注意が必要です。

関連するまとめ

コンドロイチンのサプリメントが注目される理由について

CMなどでも「コンドロイチン」配合のサプリが多く販売されているのをご存知でしょうか。 その理由を探ってみます…

ボニー

1週間足痩せプログラム!きゅっと引き締まった足にする簡単トレーニング

1週間足痩せプログラム!きゅっと引き締まった足にする簡単トレーニング! 誰でも簡単にできて続けやすい効果的な…

女性の味方

【視力回復に!】小型軽量タイプの回復器具

視力を回復させるための方法にれーシック手術などがありますが、ご家庭でできる視力回復器具をご紹介します!

オトコのミカタ

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング