1位:熊本県

全体の18%を占める熊本県。
全国から「スイカのプロフェッショナル」と呼ばれる方たちが集まる町があるとの事。
それは、熊本県植木町。地区町村で見ても、生産量1位なんだそうですよ!
熊本スイカの美味しさの秘密は、ビニールハウス栽培と寒暖差の激しい盆地性の気候。
さらには、大玉スイカなら1株に1個、小玉スイカでは1株に2個しか収穫しないという徹底ぶり!
自然のパワーをたっぷり浴び凝縮されたスイカは、どれを切っても甘みたっぷりです。

大玉スイカ「春のだんらん」「祭ばやし」
小玉スイカ「ひとりじめ」

2位:千葉県

出荷量の14%を占めるのが、千葉県。
その中でも、県北部の富里市が有名です。
その富里市で毎年開かれるロードレースでは、給水所にスイカが用意されていて、
スイカで喉を潤すことができるそうです。
その名も「富里スイカロードレース」大会と「給スイカ所」!
毎年6月に開催され、全国から1万人以上のランナーが参加しているんですよ。
レースの入賞者には賞状とトロフィーのほかにスイカも提供されるという、
まさにスイカづくしの大会ですね!

大玉スイカ「祭りばやし777」「紅大(こうだい)」「味きらら」
小玉スイカ「姫甘泉(ひめかんせん)」「マダーボール」「姫まくら」

3位:山形県

フルーツ王国として知られる山形県では、全体の11%を生産しているそうです。
そのほとんどが、尾花沢で生産されています。
全国1・2位の2県では春先から初夏にピークを迎えますが、尾花沢スイカは7月から8月に
出荷のピークを迎えます。
尾花沢市ではスイカの特産品として、スイカサイダー、スイカのクッキー、スイカそうめん、
スイカワインなど、スイカを使ったユニークな飲食物がたくさん!
他にもスイカの石鹸やスイカのグラスもあるんだそうですよ。
山形を訪れた際には、尾花沢市に立ち寄りたくなっちゃうほど、スイカへの愛情が感じられます。

大玉・小玉スイカ「尾花沢スイカ」「伊佐沢スイカ」

スイカの栽培には、①日照時間が長い②夜が涼しい③水はけの良い砂地や栄養のある火山灰地質の土地
が適しているのだそうです。
上記3県は、まさにスイカに適した環境が整っているんですね。

地元の愛情がたっぷりつまったスイカ!
この夏は、ぜひ堪能してください!!

関連するまとめ

~山形県酒田市に来たら是非訪れて欲しい名所!~

山形県にあります酒田市の名所を紹介したいと思いました。

カリスマキュレーター

アンコールワット・カンボジア世界遺産おすすめスポット!!

アンコール・ワットの壮麗さは、言葉を失うほどだと言われています。ただ、とても広く、気候の関係で暑いので、歩き…

flower

静岡県三島市に鎮座する三嶋大社の魅力とは

大山祇命と積羽八重事代主神を祀る三嶋大社は古くから信仰を集めてきました。その魅力を紹介します。

茶々子

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング