化粧下地がないと「可愛い」は作れない

メイクをするときに誰もが重視するがアイメイクやチークです。大きな瞳やピンクの丸い頬に誰もが憧れちゃいますよね。でも、ちょっと待ってください。実は何よりも大事なのってベースメイクなんですよ。化粧下地が自分に合っていないのに「可愛い」は作れません。今使っている下地はあなたの肌に合っていますか?本当はもっと可愛くなれるかもしれません。自分の肌にあった下地を見つけてみましょう。

メイクには色のお勉強が大事

カラーチャートで補色の勉強

美術の時間にカラーチャートなど見たことはありますか?実はメイクが上手な可愛いあの子はカラーチャートをうまく使っています。例えば自分の肌の黄みを消して透明感を出したいと思ったらブルー系の下地を、逆に青っぽい顔色の悪さに悩んでいるのであればイエロー系の下地にすると良いですよ。メイクだってファッションみたいに計算が必要です。

自分の肌の色を知る

「自分の肌に合う色を探せって言われても、自分の肌の色なんて分からない」みんな肌色じゃないの?

イエローベースか、ブルーベース

まずは自分の肌の色を知る方法としてまず日本人に多いのは「イエローベース」と「ブルーベース」です。早速、オレンジとピンクの折り紙を用意して鏡の前に立ってその折り紙を口元に当ててみてください。オレンジの折り紙で肌色が明るい印象になった人はイエローベースで、ピンクの色紙で明るい印象になった人はブルーベースです。

前より可愛いわたしの誕生!

いかがでしたか?説明が少なく感じると思いますが大事なここだけをしっかりと覚えておくだけで本当に人が変わったように大変身できます。
このように自分の肌色を理解して似合うカラーを知れば前より断然に「可愛く」なれて、これであなたのお悩み解決ですね!

関連するまとめ

【お使いの化粧品、合ってますか?】年代で変わる必要な保湿成分とは

化粧品の保湿成分はいろいろ種類がありますが、年代によって必要なものが違ってきます。 自分には、どの保湿成分が…

ペニー

その食べる順番危険!痩せやすい体を作る食べる順番とは?

痩せやすい体を作るためには日頃の食事の食べる順番が大切。その順番とコツをまとめました。

マトリックス

時代はプロテイン!?ササミや鶏むね肉よりおすすめな理由

引き締まった体がほしいけど、筋肉ムキムキにはなりたくないという女性にプロテインをおすすめする理由をご紹介しま…

rrra

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング