<おいしいメロンの見分け方 5か条>

①網目が細かい

美味しいメロンは網目が細かく、均等に広がっています。
そして、その網目が盛り上がっているので、要チェックです!
太陽の光をしっかり浴びて、じっくり時間をかけて育った証拠なんだそうですよ。
網がないメロンを選ぶ場合は、斑点やスジがないものを選んでくださいね。

②ツルが変色して、しなしなになってきている

メロンは熟すと、ツルが枯れてきます。
まだピンとしている状態なら、もう少し置いて待ちましょう。
ただ、枯れすぎている場合は熟れすぎていますのでご注意を!

③お尻が柔らかい

ツルと反対側の、お尻の周りを軽く触ってみてください。
その時、あまり強く押すと痛んでしまいますので、爪の色が少し変わるくらいの力加減でお願いします。
凹んだら、食べごろのサインです!

柔らかめのメロンが好みの方は、真ん中ではなく周りの柔らかさもチェックしてみて下さい。
かなり熟したメロンは、周りも柔らかくなってくるんだそうですよ。

④香りが強くなってくる

メロンは熟すと、みずみずしい甘い香りが漂ってきます。
ただ、店頭で既に香りがしていたら、食べる頃には熟れすぎている!という状態になってしまうかも。
近寄って微かに香る、くらいがおすすめです。

⑤爪でたたいた時に、低い音がする

スイカのように爪や指でたたいてみてください。
熟してくると「ぼんぼん」と低い音がするんです!
ちなみに、まだ未熟なメロンは硬い音(高い音)がするのだそうです。

美味しいメロンをもっと美味しく食べるには、食べる2時間くらい前に冷蔵庫で冷やしましょう!
せっかく買った・頂いたメロンがまだ熟していない場合は、冷蔵庫ではなく「常温」「日陰」で保存してください。
その際、風通しのよい場所にして下さいね。せっかくのメロンが腐ってしまいます・・・。
反対に、追熟を遅くしたい場合は冷蔵庫に入れてくださいね。

食べ切れなかったメロンは、ラップをぴったり覆って「野菜室」で保存してください。
種が残っている場合は、種をとってくださいね!
メロンは、長期保存できません。2~3日以内に味わってください。


以上、かんたんに紹介してきましたが、好みの熟れ具合は人それぞれ。
上記のことを参考にしながら、ぜひ、自分流の熟れ時期を発見して味わってみてください。

関連するまとめ

おうちで作る世界の味!皮から作る本格餃子

おうちで手軽に作ることのできる、中国人の教える本格餃子のレシピについてまとめました。

flower

捨てられてしまうこともある「鶏皮」を絶品おつまみにする最強レシピ3選!

いかがだったでしょうか。 簡単なのでぜひ一度作ってみてください。

flower

東京と横浜の一度は食べてみたい絶品オムライス屋さんをご紹介!

みんなが大好きなオムライスは大規模チェーン店やファミリーレストランではよく食べるけど、洋食屋さんの本当に美味…

宗國

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング