ズッキーニの旬は、6月から8月です。
フランスやイタリアなどで一般的に用いられる食材で、
日本ではおもに宮崎県でハウス栽培として育てられています。
緑で細長い形をしているので、キュウリの仲間だと思われがちですが、
実は、ズッキーニはかぼちゃの一種なんだそうです。

ほのかな甘みと苦味を併せ持っていて、淡白な味わい。
フランス料理やイタリア料理にしか使えない・・・と敬遠されがちですが、
炒め物やフライなど、和洋折衷、様々な料理に合うんですよ!
だた、生食には向いていませんので、気をつけて下さいね。
そうそう、ズッキーニは実だけでなく、花も食べられるんです。
具をつめてフライにして食べると美味しいですよ!

ズッキーニは1本21kcalとカロリーが低く、栄養価が高いのをご存知ですか?
ビタミンKやビタミンC、カリウム、カルシウム、鉄分、葉酸などが含まれています。
かぼちゃの仲間なので、β-カロチンも一緒にとることができるんですよ!
カロチンは、身体の免疫力を強化する働きがあります。
皮膚や粘膜を強くれるので、日差しでダメージを受けてしまうこれからの季節に欠かせませんね。
油と一緒にとると吸収がアップするので、オリーブオイルとの組み合わせがおススメです。

ズッキーニは、緑だけでなく黄色いものもあるのはご存知ですか?
どちらも太すぎず、均一なふくらみがあるものがお勧めです。
傷がなく皮が柔らかくツヤがあり、色が濃いものを選ぶようにしましょう。
ヘタの切り口をチェックするのもお忘れなく!
切り口がみずみずしいものが、新鮮で美味しいですよ。
冷暗所に置いて保存してください。切ったものは、ラップに包んで冷蔵庫に入れてくださいね。

ズッキーニは皮をむかずそのまま食べられ、焼いても揚げても煮ても美味しい野菜です。
低カロリーで栄養満点なので、夏に向けてダイエットしたい方にもおススメ。
なじみの薄い野菜ですが、積極的に食卓に並べていきたいですね!

関連するまとめ

シンプルながらフォトジェニック。京都を楽しむ夏のおすすめ

ボリューム感たっぷりのスイーツもいいですが、シンプルこそ究極のフォトジェニックと感じることのできる京都のお店…

mino

新宿で立ち食いそばといえばココ!おすすめ3店

日本最大の繁華街・新宿には100軒近くのそば屋があると言われています。中でも、リーズナブルで素早く食べられる…

mino

オシャレでHAPPYになれる人気沸騰中のクラフトビールの魅力

居酒屋で豪勢に騒ぐのも楽しいけど、たまにはまったりホームパーティーするのもいかがですか?そんな「宅飲み」にピ…

rrra

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング