「安全に自転車で走るために意識すべきこと」

近年、サイクリングがブームになっており自転車を利用して、様々な場所を走る人が増えていますね。しかし、その一方で自転車を利用する人のマナーが問題視されていることも事実です。自転車は一見手軽に使えるように見えても軽車両の一種であり、乗るときにはきちんと交通ルールとマナーを守らなければなりません。そこで、今回は安全に自転車で走るために最低限意識すべきことを書いていきたいと思います。こちらを参考にして、安全で印象がいいサイクリストを目指しましょう。

自転車は車道の左側を走行する

近年の法改正によって自転車の走行場所が原則として車道の左側ということになりました。もちろん車道での走行が危険だと判断される場合や、自転車での走行が許可されている歩道での走行は認められるのですが、それ以外の場合では車道の左側を走る必要があります。そして、車道の右側を走ることは禁止されています。車道の左側を走る理由としては、歩道を走ることによる対歩行者の事故を防ぐことと、右側を走ることによる対向車との事故を防ぐことが目的となっています。

後方確認

では、ただ車道の左側を走っていればいいのかというとそれだけでは安全に走ることはできません。なぜなら、日本の道路中は十分な自転車走行帯が整備されている道路がそれほど多くないからです。ですので、自転車で車道を走るとなると、常に後方から車が自転車を追い抜いていくことになります。そこで一時的に自転車と車がすれ違う瞬間に危険が生じることがあるのですが、このリスクを軽減するためにはこまめに後方を確認することで自分の後ろの道路環境を常に意識することが重要です。

手信号

運転免許を取得された方であればご存知かと思いますが、自転車にも右左折などをする際に行う手信号があります。車道を走行する以上は自分の周囲の車両に対して、自分の挙動を手信号によって示すことはとても重要ですし、周囲の車両が自分の行動の予測が可能になることによって、事故のリスクを大幅に軽減することが可能です。

一時停止

最初にも書きましたが、自転車は車両です。なので、一時停止をしなければいけない場所では、自転車も一時停止しなければなりません。見通しの悪い交差点や踏み切りなど、普段あまり意識しないかもしれませんが、一時停止すべき場所は多く設置されていますので、こういった場所ではキチンと止まりましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は自転車のルールやマナーに関して、代表的なものを紹介しましたが、安全に自転車で走るためにはもっと意識を高める必要があります。これから利用者が増えていくことが予想されますので、いい自転車社会を作り上げるためにルールを守って楽しくサイクリングを楽しんでいきましょう。

関連するまとめ

今をときめく! メンヘラアーティスト最前線!

古くは鬼束ちひろ、Cocco、椎名林檎などが名を連ねていたメンヘラ音楽界。 最近はどのようなアーティストがメ…

わきがの効果的なケア方法知っていますか?

わきがのケアでやりがちな間違ったケア方法と、わきがの正しいケア方法をわかりやすく説明しました。

女性の味方

余りがちなアルミホイルが、野菜の皮むきから調理器具の代用にまで大活躍!

サランラップと比べ使用頻度も少ないアルミホイルを、上手く活用する方法をまとめました。

マトリックス

関連するキーワード

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング