日焼けをしてしまったり、肌がくすんでいたり、肌が乾燥してるそんな時、コットンパックに頼りたくなります。高いパックを買う必要もなく手軽にできるコットンパックを正しく使いましょう。

コットンパックとは

コットンパックとはコットンに化粧水を染み込ませ、肌の上に一定時間置いておいたコットンのことです。水分を肌の深部まで浸透させるために効果的です。間違った方法でやると肌に逆効果を与えることもあります。きちんと正しい方法でトラブル知らずの肌に導きましょう。

コットンパックの正しいやり方

洗顔後すぐにコットンパックするのがベストです。洗顔後はどんどん肌の水分が蒸発していきます。すぐにコットンパックができるように準備してから始めましょう。

コットンを水で濡らす

コットンを精製水もしくは水道水で軽く濡らします。水を切る時もポイントがあります。縦に絞ったりせず、手でコットンを挟んで水を切ります。「化粧水の前に水で濡らすの?」とびっくりした人もいるかもしれませんが、あの「佐伯チズさん」も推進する方法です。

コットンに化粧水を加える

先ほど精製水で濡らしたコットンに化粧水を垂らします。この時、肌に触れる面だけに化粧水を加えます。

パックは3分が目安

パックは長くやれば良いというものではありません。どうしてもコットンが乾ききるまでやってしまいそうになりますがそれでは逆効果です。3分を目安にコットンを取りましょう。

パック後は保湿

パックの後には、オイルや乳液などをすぐつけて、パックの水分が蒸発しないようにしましょう。せっかくパックで与えた水分なのに、乳液や美容液で蓋をしないと逃げてしまいます。最後まで保湿して、パーフェクトスキンを目指しましょう。

ラップで蓋をするとさらに効果的

パックの水分が蒸発しにくいように、コットンの上から、ラップをするをさらに効果的にまります。口元、目、鼻の辺りはラップに穴を開けて下さい。

これであなたもコットンパックで肌トラブルを回避!

関連するまとめ

「やる気」について知っておきたい3つのこと。

「やる気」の出る仕組みや、コントロール方法についてまとめてみました。 実は脳の働きと深い関係があるようです…

素の人(しろのーと)

オイルを上手に取り入れることが綺麗な腸を作ってくれます

オイルというとカロリーが高くて、あまり取らない方が良いと思っている方が多いかと思います。ですが、オイルを上手…

リカ

凍える夜のパートナー♪心もとろけるホットドリンクはいかが?

「手足が冷たい」 「着こんでも冷えて冷えてたまらない」 そんなときに欲しくなるのが温かい飲み物。マグカップか…

flower

関連するキーワード

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング