日焼け止めクリームは紫外線吸収剤というものが入っていて、これが紫外線を吸収してくれるのですが、オイルが酸化しやすいという弱点もあり、シミになったするケースもあると言われます。また、敏感肌の方は、日焼け止めクリームはクレンジングしなければならないので、ダブルで肌を傷めてしまいます。紫外線をブロックするのに、何か他の方法はないでしょうか。その対策を考えてみました。

化粧下地クリームにベビーパウダーをはたいてUVカット!

日焼け止めクリームが苦手な人への代用品として肌にやさしいにはベビーパウダーを使ってみましょう。ベビーパウダーですから添加物もありませんので、敏感肌などのデリケートな肌にも使えます。でも、これだけでは紫外線を通してしまいますから、下地クリームを塗る必要はあります。そして、その上からベビーパウダーをはたき紫外線防御をします。これですと、オイリーなクレンジング剤を使用しなくて済みますから、敏感肌の方に対応した肌に優しいケアになります。それでは、くすんだ肌は隠せないと思われる方には、色つきの下地クリームも市販されています。

ミネラルファンデーションを使おう!

肌に優しいアイテムとして医療現場から開発されたミネラルファンデーションというものがあります。これは粉タイプでミネラル成分のみで作られています。その主成分は酸化亜鉛、酸化チタン、酸化鉄などの天然の鉱物でつくられています。添加物がないのが特徴です。メリットとしては、クレンジングが必要ないということです。敏感肌にとってはクレンジングは一番負担がかかるものですから、石鹸一つで落とせるのは肌を傷めなくて済む化粧品といえます。ミネラルファンデーションは防腐剤不使用、無香料、無着色、オイル、パラペンフリーと添加物が入っていないことがうれしい化粧品です。医療現場から開発したと言われ、日焼け止め剤や化粧下地も入っているので、そうしたものをカットして使用できるのも、肌に優しいファンデーションと言えるでしょう。これ一品で紫外線防護をしてくれるのです。

UVカット傘や帽子、傘、上着などで紫外線防は完璧!

他に、UVカット性の日傘、UVカットの帽子、上着などを活用すれば、完璧な紫外線を防御になります。これらは生地に紫外線反射剤や紫外線吸収剤などが、練りこまれています。目の紫外線防御には、UVカット付きのサングラスも着用することをおすすめします。これで、眼への紫外線を90&くらいカットすることは可能です。晩発性の眼病も紫外線が原因とWHOから警告も出ていますから、注意が必要です。

紫外線が一番強い時間は10:00am~14:00pmです。できれば、この時間帯は外出を避けた方がいいのですが、なかなかそうもいかないでしょう。意識して、紫外線防御をして晩発性の眼病や皮膚疾患にかからないように防御をしましょう。なお、紫外線が降り注ぐのは夏だけではありません。天然素材のミネラルファンデーションは、季節を問わず使用できます。添加物フリーですから、敏感肌の方はかぶれなどの心配もないですし、落とすためのクレンジング剤も使用しなくて済みますので、ダブルで肌に優しい製品です。オールシーズンで活用してくださいね。

関連するまとめ

もう悩まない!混合肌のメカニズムと改善メイク法

一工夫を加えることで、混合肌の悩みであるメイクのノリや持ちがとても良くなります。ぜひお試しください。

flower

今すぐ取り入れたいスーパーフードをご紹介

綺麗は内側から、スーパーフードを上手く取り入れて、美しい身体を作りましょう。 そんなスーパーフードの中でも、…

女性の味方

ダイエットと朝食の重要性

ダイエットだからと、 朝食を抜く人がいますが、 朝起きてから昼食まで食事を摂らないと、長い時間にわたって体内…

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング