退職を決意した時、どうやって退職届を渡せば良いのか迷ってしまいますよね。退職届を出す為には、正しい手順を踏まないといけません。一方的に渡すことはマナー違反です。正しい渡し方を知って、円滑に退職しましょう。

まずは上司に退職の意志を伝える

退職を決意したら、まず退職の意志を上司に伝えましょう。もう退職の意志が決まっている場合なら別ですが、何か会社に対して不満がある時には、その不満を上司が解消してくれるかも知れません。

上記と相談して、退職日を検討する

退職の意志を伝えた後、上司と相談して正式な退職日を決定します。仕事の進捗状況などによって退職日は変動するので、可能であれば会社側が希望する退職日で了承するようにしましょう。次の会社への入社が既に決まっている場合には、しっかりとその旨を伝えなければいけません。

会社の規定に沿って退職届を提出する

ここでようやく退職届を提出します。会社によって退職届のフォーマットを用意している場合もありますので、会社の規定に沿って退職届を記入しましょう。特にフォーマットに関して指定が無い場合には、文房具店などに売っている白紙の紙と封筒に記載して、提出すれば良いでしょう。

関連するまとめ

ビジネスの情報収集に便利なオウンドメディア4選をご紹介します。

ビジネスの情報収集って大変ですよね。 小難しい書籍は読み切れないし、新聞は情報が煩雑で時間もかかる・・・そ…

なおさん

蓮舫さん辞任!時期代表が噂される民進党の方々!

蓮舫さんの突然の辞任にはびっくりしました。 ただ、止まっていては民進党のためにはなりません。 すでに代表に立…

宗國

営業職なら気を付けたい。昼食で控えたい食べ物3選

外回りや、日々取引先との商談が発生する営業職。その営業職で働く人へ向けて、昼食で控えた方が良い食べ物をまとめ…

あり

関連するキーワード

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング