初期型CR-Z

2007年のモーターショーでハイブリッドのコンパクトなクーペというコンセプトモデルが発表され、2009年のモーターショーで市販前提のモデルとなり、2010年に登場したCR-Zの最初の姿で、最も販売台数が多いタイプとなっています。114馬力の1.5リッターエンジンに14馬力のモーターを搭載し、変速機は6速マニュアルとホンダマルチマチックSが設定されていました。ホンダでは初のLEDアクセサリーライトを装備したことも特徴です。オレンジメタリックの塗装はこの初期型だけでした。

第二世代CR-Z

2012年9月のマイナーチェンジで登場し、エンジンは120馬力にパワーアップし、バッテリーはリチウムイオン電池に変更され、モーターは20馬力にパワーアップされました。バッテリーで加速力をフルに増加させるPLUS SPORTシステムが搭載されました。スタイルはフロントバンパーが変化しており、メッシュグリルを採用しています。ツートンカラーも採用されました。

第三世代CR-Z

2015年8月から2017年1月までの短い期間の製造となった最終バージョンです。エンジン他メカニズムは第2世代と同等ですが前後バンパーやグリルデザインが変更されヘッドライトはホンダシャトルなどに採用されているインライン式LEDとなり、独特の表情となっていますが、このヘッドライトは日本専用という大変珍しい設定となっており、北米仕様は旧来のヘッドライトを採用しています。室内ではパーキングブレーキが電子制御式となり、大型のアームレストがフロントシートに装備されました。

関連するまとめ

うるさいだけじゃない!デスメタルってどんな音楽?

皆さんはデスメタルと聞いてどんな印象を受けますか? うるさい?怖い? おそらく日本ではこのような認識がされて…

リカ

大手私鉄絶滅危惧車まとめ ~京浜急行電鉄編~

大手私鉄で近々、引退が予定されている車両、もしくは引退が噂されている車両についてまとめました。 今回は東京と…

峠の425

現在活躍している女優さん!実は歌ってました!

NHK朝の連続小説ドラマやゴールデンのドラマなどで 活躍している女優さんの中には実は歌手としても活動していた…

宗國

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング