就職面接は部屋に入った瞬間に採否が決まると言われています。それは部屋の入り方一つで、応募者の本質が見抜けてしまうからです。これを知らないまま就職活動を続けていても、思うような結果は期待出来ないでしょう。自分の評価を下げない為にも、正しいビジネスマナーを習得しましょう。

ノックの回数は3回

ビジネスシーンにおいて、正しいノックの回数は3回です。ノック回数を2回と認識している人も多いようですが、2回のノックはビジネスにおいて不適切となります。その理由は、2回ノックはトイレノックとして扱われている為、失礼な行為にあたるからです。ノックをする際には、しっかりと回数を確認しましょう。

「どうぞ」を言われてから入る

ノックをしてそのまま入室してしまう人がいますが、絶対にNGです。相手に不快感を与えない為にも、必ずドアの向こう側から「どうぞ」と聴こえてから、入室をしましょう。

部屋に入ったら、大きな声で挨拶する

部屋に入ったら、面接官に対して大きな声で挨拶しましょう。これはとても大事な要素です。面接官との距離がある場合、小さい声では相手に届かないからです。また小さい声でぼそぼそと喋るのは、あまり印象が良くない為、面接時には大きな声で話すように心掛けましょう。

関連するまとめ

【天国?】プラカード持ちのアルバイト【苦行?】

不動産のプラカード持ちのアルバイトは楽だという評判ですが実際のところはどうなのでしょうか? 応募方法と仕事内…

あり

エキストラのバイトの拘束時間

同じ作品には顔がはっきり映ると呼ばれにくくなってしまいます。 つまり出番が無いほうがエキストラのアルバイトに…

flower

「シーツを血まみれにするのだけはやめてほしい…」民泊代行業者が明かす仰天トラブル

これまで『週刊SPA!』でもたびたび取り上げてきた民泊ビジネス。昨年、民泊サービスを仲介するサイト「Airb…

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング