昔は計算の宿題といえば、自分でノートに式を書いて、自分で答えを書く、ただそれをひたすら繰り返すというものでした。
しかし今では計算カードと呼ばれる、一種の単語帳のような仕組みのものを支給され、それを家でカードをひたすらめくって答えるというやり方になっていました。
夏休みの宿題では、その計算カードの秒数を親に計ってもらって記録する、というような事も行っていました。

音読などは、昔はただ本を読む、というだけの宿題でした。個人的には何の証拠も残らないので、あまり音読の宿題は実行した記憶がありませんが、最近ではしっかりと親に話を聞いてもらわなければなりません。

計算カードも音読もそうですが、昔はあまり宿題に親が介入する仕組みにはなっていませんでしたが、現代の宿題では、必ず親が介入する仕組みになっています。先生からのお便りでも「親御さんがしっかりみてください」と必ず言われます。

なぜこのように、昔よりも保護者の協力を得て宿題を見なければならないのでしょうか。
どの子供も満遍なく、ある一定の学力を身に着けさせようとすると、どうしても教師の目を厳しくする必要があるかと思います。
しかし、近年はモンスターペアレントなどの言葉があるように、保護者の力が強くなり、教師側で厳しく指導することがなかなか難しくなっている、というのもの現状だと思います。
そうなると、宿題をしっかりこなしたかどうか、というところは保護者の力を借りないとあまり強く指導できない教師だけでまかなうことは困難だから、ではないでしょうか。

関連するまとめ

落ち込まないで。完全ミルク育児にも利点があります

赤ちゃんが生まれた日から、24時間ずっと夜中も関係なく、約3時間おきの授乳が始まります。 母乳がでなくてやむ…

あり

小学校低学年の中間反抗期をうまく乗りきるポイントとは?

子供の反抗期というと、2歳前後のイヤイヤ期、そして中学生頃の本格的な反抗期が思い浮かびますね。 でも、実は小…

フィリピンに語学留学させてみる?! 英語教育のノウハウ

「子供には将来、英語を流暢に喋るかっこいい人になって欲しい!」そう願う親は多いと思います。 今回はフィリピン…

sai

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング