うどん・そばのダシの味

うどんやそばのダシは東西で味が違います。皆さんは鰹派ですか?昆布派ですか?一般的に西が「昆布」東が「鰹」と言われています。この味の好みの違いにいち早く合わせたのがあのどん兵衛です。どん兵衛の味が西と東で違うのは有名な話ですよね。西の昆布と東の鰹の味の違いはちゃんとパッケージにも書いてあるんです。この端っこにある(W)というアルファベット、これはwest(西)を表しています。ちなみに東はeastの(E)です。実際にダシの色を見てもらうと分かるのですが、見た目が全然違います。西はダシが効いたあっさりとした味で東は醤油ベースの濃い目の味です。なぜこんな味の差が生まれたのか?味に違いが出たのは江戸時代からと言われています。

卵焼きの味

お弁当に欠かせないおふくろの味の「卵焼き」も東西で全然違うんです。西が「ダシと薄口醤油のあっさり塩味」で東が「砂糖やみりんに醤油の濃いめ甘味」になっているんです。

かに玉

中華料理屋さんには欠かせない「かに玉」も実は東西で味付けが違うんです。今回は東西で味付けを変えているという餃子の王将のかに玉を例にあげて比べてみると西は「あんかけは茶色く、醤油ベース」東は「あんかけは赤く、ケチャップソースベース」になっています。皆さん知ってましたか?やっぱり味の違いを感じている人もいました。

他にもまだまだ東西で味の違いがある

いかがでしたか?まだまだ紹介しきれないぐらい東西で味の違う食べ物がたくさんあります。是非とも旅行などで東の方は西へ、西の方は東へ行かれた際には料理の味を比べてみるのも楽しいかと思いますよ。

関連するまとめ

日本ではなかなか食べられない!お勧めインド料理3選

日本でもインド料理は人気であちこちでインド料理レストランが見られますが、本場インドでは日本ではあまりたべらな…

リカ

夏の爽やか薬味で美味しいレシピを作ろう 大葉編

暑い夏は、食欲が下がり気味。そんなとき夏には欠かせない薬味の「大葉」が効いた食事は食欲をそそりますね。今回は…

rbkg

絶品バナナマフィンは、潰して混ぜるだけ!3分の作業時間で簡単につくれる!

余って黒くなったバナナを身近な材料と組み合わせて、だれでもスグにできる「美味しいバナナマフィン」の作り方をま…

女性の味方

関連するキーワード

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング