ビッグデータって一体なに?

ビッグデータというのは文字通り巨大なデータのことを指しますが、その巨大さというのは通常レベルのデータ解析装置では分析できない大きさのことを言います。
ビッグデータを使うことで、これまで見えてこなかった物事同士の関連性や相関が見えてくることがあります。

ビッグデータの具体的な活用例

例えば、本田技研が提供している「internavi」というサービスは、ビッグデータを用いることで普通のナビでは把握できない渋滞情報や災害情報を教えてくれます。
また、楽天は多数の購入履歴をビッグデータ分析することによって、より適切なターゲット広告が出せるようになっています。
それ以外にも巨大科学、ソーシャルネットワーク、軍事研究、医療などの様々な分野でビッグデータが取り入れられています。

ビッグデータの未来

ビッグデータの活用範囲は今後さらに広がっていくことが予想されます。
ビッグデータを手にする者が未来予測を手にすることになるので、競争は苛烈になっていくでしょう。
また、ビッグデータに関してはプライバシーの問題があり、一部企業が独占していいものかという議論があります。ビッグデータはそれだけ大きな革新と破壊力を秘めているのです。

ビッグデータは人工知能と並んで今後10年……、いや50年100年のスパンでキーワードになってくる出来事ですのでチェックするようにしておきましょう。

関連するまとめ

Twitterの特徴・ほかのSNSとの違い

Facebookに遅れる事2年、2006年に始まったTwitterサービス。このSNSの特徴をまとめてみまし…

専門君

VRとMRの違い・活用されている業界について

2016年はVR元年と言われ、そこから1年が経ちました。現在どのような業界、サービスでVRが使われているか、…

専門君

写真のプログレッシブエンハンスメントおよび管理ソリューションの提供

画像管理ソフトとして定評があるACD Seeシリーズのフォトレタッチソフト『ACDSee Photo Edi…

リカ

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング