1.女性特有の脱毛症とは?

女性特有の脱毛症には、3つの種類があります。

①加齢による脱毛症

毛の1本1本が細くなり、頭部全体の毛が少なくなり地肌が目立つのが特徴。更年期前後に始まることが多く、閉経後に目立ってきます。

②女性の男性型脱毛症

頭頂部から前頭部にかけて薄くなりやすいのが特徴で、男性ホルモンの影響で毛の成長期が短くなり、毛が細く短くなります。男性ホルモンに感受性の体質の人が生じやすく、更年期になると加速することがあります。

③休止期脱毛

本来は10%ほどの髪を作らない状態の休止期が、20%に増加してしまうことにより、頭部全体に毛の密度低下が現れます。精神的ストレスや出産などが原因で、数カ月で急激に太い毛を中心に抜け始める「急性休止期脱毛」と、極度のダイエットや鉄欠乏性貧血などにより、半年以上のゆっくりとした期間で髪全体の密度低下が現れる「慢性休止期脱毛」の2種類があります。

2.薄毛対策は食事の見直しから!

薄毛が気になるという人は、毎日の食事を見直してみましょう。髪の約90%以上は「ケラチン」というたんぱく質でできています。ケラチンを構成するメチオニンは体内で作ることはできないので、食事できちんと摂らないと原料不足で薄毛になってしまいます。鶏肉や豆腐、豆類や魚などタンパク質を多く含む食品を、バランスよく摂ることが大切です。また、毛髪の再生にはコラーゲンが効果的ということも、最近よく言われるようになりました。コラーゲンの合成にはビタミンCや鉄分が必要なので、これらを豊富に含む小松菜やレバーも積極的に食べるようにするといいでしょう。

3.マッサージで薄毛予防!

頭皮の血流が悪くなると、抜け毛や薄毛の原因に。普段から首や頭皮のマッサージをすることをおすすめします。まずは、とっても簡単なプッシュ法をご紹介。やり方は、襟足から顎のラインを数か所プッシュするだけ!ツボ押しと同じ要領で押しやすい指を使って、ゆっくりと力を入れていき、ゆっくりと力を抜きます。このマッサージは、いつでもどこでもできるので、お風呂あがりや「疲れたな」と感じる時など、気づいた時に是非試してみてくださいね!
また、髪を洗う時にヘッドスパを取り入れてみるのもおすすめです。指の腹を使って頭皮を優しくマッサージしてみましょう。硬くなった頭皮をほぐすことで、次に生えてくる髪の健康をサポートすることができます。最近は頭皮もお手入れできるシャンプーやトリートメントもたくさん出ていますので、お気に入りの1本を見つけてみてはいかがでしょうか。

まとめ

いかがでしょうか。
髪は年齢を重ねるにつれ、こしがなくなったり細くなったりして、若い頃と比べるとボリュームダウンしてしまいがち。大人になった今だからこそ、髪や地肌に優しいシャンプーを使ったり、ヘッドマッサージをしたりして、髪をいたわることが大切です。また、過度のストレスや食生活の乱れから薄毛になることもあります。栄養バランスの良い食事をきちんと摂って、健康的な毎日を送ることが美髪を保つ第一歩と言えるでしょう。

関連するまとめ

ゆるっとカワイイ!トレンドひとつ結びのコツ

いまどきの可愛らしいひとつ結びの秘密、カジュアルで上品な雰囲気を出すコツについてまとめました。

ボニー

「パスタを食べると太る」は間違い?!パスタを味方につけたダイエットって?

太りやすい炭水化物というイメージがあるパスタ。 そんなパスタがダイエットの味方として注目されている理由につい…

女性の味方

お腹に脂肪がたまっている人がなりやすい病気

お腹の脂肪が減ると、お腹まわりがすっきりしてスリムになれるだけでなく、新陳代謝がよくなって肌荒れや冷え性など…

flower

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング