動物が好きな事

言うまでもなく当たり前のことなのですが、トリマーになるには動物が好きなことが絶対条件です。犬や猫などに限らず、動物全般が好きな方がいいです。トリマーは正直なところ成り手も多く、よほどの腕やスキルがあれば別ですが、待遇的には恵まれている方ではありません。なので「どうしても動物と関わる仕事がしたい!」など、動物がこよなく好きだという人でないと仕事を続けるのは難しいかもしれません。

器用さと忍耐力

トリマーはペットの美容師といえる存在です。人間相手の美容師と同様に細やかさ、センス、手先の器用さなどが必要な職業といえます。しかし、人間相手とは違い、ペットが相手の場合はある意味で人間以上に大変な面もあります。動物だと長い時間ジッとしていることが難しかったり、人間のように言葉で伝えることもできませんので、施術中は高い集中力と忍耐が必要になってきます。

体力とコミュニケーション力

犬でも大きいと人間並みの体重と大きさがあったりするので、それをちゃんと押さえて扱うのは並大抵ではありません。噛んだり暴れたりするペットにも対応しないといけないので、それに対応するだけのスタミナを必要とします。また、仕事の大半が立ち仕事になるので足腰が丈夫なことも大事です。あらゆる事態に対処するためにも、ペットの飼い主とのコミュニケーションも重要です。ペットは言葉を話せないので、飼い主とのコミュニケーションで要望をきちんと汲み取ることで信頼されるトリマーとなれます。

関連するまとめ

新聞に書いてある事は本当に正しいのか?

毎朝読む新聞ですが、そこに書かれている内容は真実なのか、いま一度検証してみましょう。

mattarina

あなたの会社は大丈夫?知っておきたいブラック企業の特徴!

5月も半ば、さっそく私の周りでも五月病らしき新入社員が見受けられますが、皆さんの職場ではいかがでしょうか。 …

つくくん

「シーツを血まみれにするのだけはやめてほしい…」民泊代行業者が明かす仰天トラブル

これまで『週刊SPA!』でもたびたび取り上げてきた民泊ビジネス。昨年、民泊サービスを仲介するサイト「Airb…

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング