日本の伝統行事「棚機(たなばた)

日本の古い禊の行事なんだそうです。

日本の古い禊の行事なんだそうです。

選ばれた乙女が水辺の機屋(はたや)で着物を織り棚に供える事で、
神様に秋の収穫の無事と豊作を願っていました。
日本では、昔、織った布は祖霊や神への捧げ物、また税として収めるものだったのです。
選ばれた女性は「棚機つ女(たなばたつめ)」と呼ばれ、清い水辺に作られた機屋(はたや)に篭り、
心をこめて着物を織ったそうです。
その時に、棚機女が使っていた織り機が「棚機(たなばた)」と呼ばれていました。
この禊の行事が7月7日の夕方に行われていたことから、「七夕(しちせき)」、
のちに「棚機(たなばた)」と合わさって「たなばた」と呼ばれるようになったのだそうです。
旧暦の7月7日は、現在の8月、梅雨明けだったので晴れた日が多かったようですよ。

中国の伝説「織姫と彦星」

琴座のベガ「織女」と鷲座のアルタイル「牽牛(けんぎゅう)」の話をご存知の方は多いのではないでしょうか。

琴座のベガ「織女」と鷲座のアルタイル「牽牛(けんぎゅう)」の話をご存知の方は多いのではないでしょうか。

織姫と彦星。働き者だった二人ですが、結婚を機に怠けるようになり、
怒った神「天帝」が天の川をはさんで離れ離れにしましたというお話です。
この旧暦の7月7日にだけ二人は会えるというロマンチックな物語から、
織姫にあやかって機織や裁縫が上達するようにと願う行事が中国で生まれたのだそうです。
「乞巧奠(きこうでん)」と呼ぶこの行事は、奈良時代に遣唐使によって中国から伝わり、日本に広まったそうですよ。

この2つの説が合わさり、現在の日本の七夕行事が確立したと言われています。
「乞巧奠(きこうでん)」が伝わった当時は宮中行事でしたが、江戸時代になると庶民にも伝わり、
笹に短冊をつるして願い事をするようになりました。
手習いをする子や寺小屋で学ぶ子どもが増え、上達を願ったとされています。

飾り付けで、笹竹が使われる理由をみなさんはご存知ですか?
竹・笹は、実は七夕よりはるか昔から神聖なものとして大切に扱われていました。
根強く、繁殖力が強い。そして、風雪寒暖に強いことから、神事などに使われてきたんですよ。
また、笹の葉のこすれあう音は「神様を招く」とされていたため、七夕に使われるようになりました。
そして、願い事を記す5色の短冊は「青、赤、黄、白、黒」。
中国の陰陽五行説からきていて、「この世の全てのものの根源」とされているんですよ。
その他の七夕飾りも、長寿は折鶴、巾着は金運、吹流しは魔よけ、網飾りには豊年豊作豊漁という意味があります。
毎年何気なく夜空を見上げる7月7日ですが、今年はいつもより神聖な行事として楽しめそうですね!

関連するまとめ

原因は自信のなさ?人見知りを治す4つの方法

人見知りの原因は、自分に自身がないからだと言われています。 「嫌われるかも」「空気を悪くしたら…」などは、自…

Erokaloscsey

日雇いバイトとネットカフェ難民!!

安定的な就労実現には住所を定めるのが先決であるため、賃貸住宅への入居費用をためる資金計画を助言したり、寮付き…

flower

大阪のみさぽ

5年ぶりにライター復帰しました( ^^) _U~~
これから毎日が忙しくなるかな?(笑)

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング