いまや、デジタルカメラの進歩は急速に進んでいるのでカメラ業界は大きくいますね。特に、フイルム時代からデジタル時代へと革新をとげたカメラ業界は、方針の転換に成功しないと生き残ることが困難だという、きびしい世界となっています。日本におけるカメラ業界を牽引してきたのは富士フイルムですが、富士フイルムの生き残り戦略には学ばされるものが多くありますのでご紹介いたします。

どうして生き残れたのか?

かつての富士フイルムは社名のとおり、フイルムなどの写真事業を主力としていました。しかし、2000年以降のデジタル化の波で写真事業は衰退を余儀なくされました。では、富士フイルムがデジタル化社会で生き残れたのはなぜでしょうか。
カギの一つは、時代を正確に読み取り将来に向けた行動を起こしたことです。富士フイルムは、まだ写真事業が好調だったころから時代の先を読み、新規事業の育成を始めました。

技術の応用力

また、富士フイルムでは、すでに持っている技術を活かして進出できる他事業を検討しました。結果として、フイルム事業から派生させたスキンケア化粧品、液晶用フィルム、医薬品などに注力することにしました。たとえばスキンケア化粧品は、富士フイルムが写真フィルムで培ってきた高いコラーゲン制御技術が役立ちました。同社が2007年に発売したスキンケア化粧品「アスタリフト」はヒットし、現在ではスキンケア化粧品分野で業界トップ5に入る商品に育っています。
改革には痛みも伴います。富士フイルムでも、やむを得ない人員削減などの痛みも経験しながら前向きに改革を行なってきたのです。

いかがでしょうか?このデジタル化社会を生き残る経営戦略には、自分の強みを活かす柔軟な思考をフルに使うことが大切なのです。

関連するまとめ

2017年8月31日登場のホンダ新型N-BOXの魅力

ホンダで最も販売台数の多い車N-BOXがフルモデルチェンジを受け二代目となりました。その魅力についてまとめま…

sai

けものフレンズ 第1話「さばんなちほー」の登場動物が見れる動物園・水族館をピックアッ…

けものフレンズ 第1話「さばんなちほー」の登場動物が見れる動物園・水族館をピックアップしてご紹介します!

動物の森

アメリカで流行中のオモチャ「ハンドスピナー」を紹介

現在アメリカで大人気で、日本でもハマる人が出始めている謎のオモチャ「ハンドスピナー」を紹介します。

つくくん

大阪のみさぽ

5年ぶりにライター復帰しました( ^^) _U~~
これから毎日が忙しくなるかな?(笑)

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング