デジタルカメラが勢いを増している一方、スマホに搭載されたカメラもそれに劣らないほど精度を上げています。
そんな、いつでもどこでも写真を撮ることができるいま、実はフィルムカメラである「チェキ」が人気を盛り返しているのをご存じでしたか。一見すると性能の低いように思えてしまう「チェキ」、なぜ今も人気なのでしょうか。

チェキって何だっけ?

初代「チェキ」が発売されたのは1998年。当初は手軽に撮ってすぐ現像できる斬新さから、若者を中心に大ヒットしましたね。しかし2000年ごろからカメラ付きの携帯電話やデジタルカメラの普及に伴って売上は低迷しました。しかしそののちアジアを中心とした海外でインスタントカメラの人気がふたたび高まり、売上を伸ばすことに成功したのです。
日本でもアナログカメラを知らない女子中高生を中心とした「デジタルネイティブ」世代にとって、ファインダーをのぞく楽しさ、銀塩フィルムならではの独特の仕上がりが新鮮に映り、再び人気が高まってきました。まさに一周回った人気の再燃ですね。

いまに合わせた進化

そこで、富士フイルムは戦略を変更し2010年以降に出した新製品において、おしゃれなファッションアイテムとして受け入れられるような製品を開発してきました。カラーバリエーションを増やし、外箱のデザインにもこだわり、ファッションイベントでモデルに使ってもらう取り組みまでしたのです。一方では玄人向けの上質な製品も発表し、ますますファンの幅を広げています。
いかがですか?チェキの人気が盛り返した理由には、インスタントカメラを知らない世代の関心や、カメラ通のこだわりにこたえる強みをいかす戦略があったのです。

関連するまとめ

〖凄技!〗ルービックキューブ攻略法!

今回は一度は皆さんも遊んで悩んだあのルービックキューブの6面攻略法を教えちゃいます。

ゲーム機メーカーではないメーカーが販売していたゲーム機

現在はゲーム機はゲームメーカーが販売していますがかつては日立によるセガサターン互換機のハイサターンやパナソニ…

mino

3分くらいで見た気になれる『ロクでなし魔術講師と禁忌教典』第3話「愚者と死神」後編

人気テレビアニメ『ロクでなし魔術講師と禁忌教典』第3話ダイジェストの後編です。 内容を実況風にお届けしてい…

素の人(しろのーと)

大阪のみさぽ

5年ぶりにライター復帰しました( ^^) _U~~
これから毎日が忙しくなるかな?(笑)

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング