〖日本画の特徴〗

日本画の特徴の一つは、絵の具を一色一色、自作できることです。岩絵の具や水墨画干絵の具は、粒子状のです。これを絵皿に取り、膠(にかわ)を入れて練り混ぜ、さらに水を入れて練り混ぜます。この練り合せ方も描き手により多種多様で味が出て面白可笑しいものです。

〖日本が製作工程〗

日本画制作にはいくつかの工程があります。基本的な流れは下記の通りです。

(1)写生
(2)スケッチ
(3)小下図制作
(4)大下図制作
(5)本画制作

地道に続けて行くことにより、 出来ばえの良い作品を完成させることができます。

「もっとお気軽に愉しみたい!」という人には、初心者向けにプロセスを除いた方法や、プレインな日本画材を活用する方法もあるのぜひ試してみましょう。

〖日本画の魅力〗

日本画と言えば岩絵の具です。これは天然の鉱物を砕き割って、粒子状にしたものです。ラピスラズリや珊瑚といった宝玉なども元種になります。実に驕奢ですね。さらに風光明媚です。

今日においては、自然の産物以外も使用されています。

以前から手先が器用で感知性能のよい日本人は絵を描くことにおいても、 華車で鋭敏な描写をしてきました。最後まで無駄の圧縮をし垢抜けた図案。薄っぺらいかきまぜて液状にしたペイントを着実に打返してつくる色面。これらは日本人のネイチャーにピッタリで、日本画材独特のの風光明媚な描写です。

シルクに描画する際には言い尽くせない特異のソフトな不明瞭描写ができ、アッと驚くほど美しいです。「事細かなことは少々不得意」「放胆な絵が描き出したい」という人も事無しです粗略なピグメントや箔を焼いたりして風格のある画面をつくることもできます。(箔は、化学反応を利用して、色を変化させられます、このことを日本画では、箔を焼くと言います)

多彩な画材を使用し自己流のスタイルの描写をしましょう。

日本画は外国人にも誇れる素晴らしいジャンルです。その技術を身につけることで国際的にコミュニケーションの幅が広がりますよ。

〖日本画のはじめ方〗

日本画造形には専門知識が必須なので一人でやるより、スクールに通う方が良いでしょう。きちんとと日本画を専業に勉強した人、また日本画家として活躍中の先生から教えを受けるのが妥当でしょう。

天然岩絵具、水干絵の具、胡粉、顔彩、墨汁、和紙、羽目板、筆、刷子、硯、調色板、膠などが必須です。

一番最初から全部寄集めるのはちょっと難しいと思いますが、スクールによっては部分的にツールをリースしているところもあり、快適に始動できます。

また、簡便に日本画エクスペリエンス可能な顔彩を用いたレッスンがメインのスクールもあります。

日本絵師もロマンスが必携品

昔、池袋界隈に貧乏絵描きが終結していたエリヤがありました。彼等は酒を飲みながら筋の通った芸術論を抗戦し、模範の絵を追求しては悶々としていまし た。そんな彼等のいたエリヤを、ある詩作家は敬愛の気持ちを持って「池袋モンパルナス」 と呼びました。これは、ビンテージののお話です。

そして彼等は「価値の高い絵を描けば良いのだ」と幾度も打ち返しながら飲酒を続け、強気のロマンスに耽ったのでした。そう、今時の日本絵師にとっても、ロマンスは必携品なのです。

カルチャーセンターの日本画スクールの場合、日本画の岩絵具は先生に適当に選んでもらって30色で2万円くらいでした。

やや高い値段ですが、水彩や油絵の絵の具などは老朽化すると固まって使えなくなったりしますが岩絵具は、ナチュラル砿物を微細に破砕して作られているので根本的に何年時が過ぎても使用できるので、ある種推奨品だと言えるかもしれません。

それに、自分は、高級品には殆ど関心が無いので趣味の日本画にちょっと料金がかかってしまっても認許されるのではないかと考えています。

それから、筆が一本千円から2千円くらいのものを3本くらい購入しました。
紙は色紙なら一枚100から200円で、カートリッジペーパーくらいのサイズの厚麻紙ボードが1500円くらいです。
あとは膠が一ビン数百円でした。
画材は安価なものから高い値段のものまで多種多様ですが徐々に駆集めようと考えています。
ピグメントも徐々に手に入れたい色を買い足していこうと考えています。

スクールによってかかる料金は全然異なっています。
初期段階において駆集めるツールの料金については、先生の推奨する筆や刷子のクラスにより大差があります。
たとえ、初めて日本画をやる場合でも1枚目は5万円もするという事実にに対して腹を括って下さい。

二枚目からは、既に殆どのツールが集結しているので、ピグメントを買い増ししたり、紙を買い増ししたりです。
高い絵の具や紙を使用したいなら別ですが、心配するほどお金はかかりませんよ。

最初はスケッチや水彩をイチオシしています。その後、本画にアドヴァンスし、その時点において、どういう絵を描き上げたいかディスカッションしながら、それにピッタリのテクニックを教育しています。

始動するタイミングは当然いつでもOKです。
プロシジャはファンダメタルには明白です。
後はおのおのの着想なので、本でご覧になるのはその絵師のオリジナル手法であることが殆どです。
教え子さん達は週一回3時間くらい授業を受けて、半年に6号1枚ほどのスピードです。

関連するまとめ

大長編の”ドラえもん”が子供に良い影響を与える秘密

毎年新作が発表される大長編ドラえもん。普段のテレビアニメとは一味違う大長編の魅力についてまとめてみました。

あり

あなたも覚えられる!簡単に見れる手相の見方

手相を自分で見てみたり会話のネタとして手相を見れるようになったら楽しいと思いませんか?

h_t

見たらラッキーかもしれない?珍しい車のいろいろ

生産台数が非常に少なかったり、限定販売だったりと普通の道路で見かける確率が非常に少ない車についてまとめました…

あり

なおさん

空いてる時間で沢山のまとめ記事を書いていくので、宜しくお願いします。

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング