月経が遅れて、妊娠を気づき始める頃、胃の不快感や吐き気をもよおすつわりの症状が出始めます。つわりは妊婦の50~80%が経験するといわれています。主に吐き気や嘔吐、倦怠感、頭痛、唾液が大量に出る、などの症状があり、その程度は個人によって大きく異なります。
殆どの場合は妊娠週数が進むにつれて症状が治まってきますが、中にはつわりの症状がより重くなり、病的な症状が続くことがあります。この状態を「妊娠悪阻」といい、治療が必要になってきます。
食事をしてもしなくても、胸が苦しくなり嘔吐を繰り返すといった症状になり、食べ物だけでなく水も口にできなくなってしまいます。また、体重が急激に減少したり、日常生活をまともに送れない、といった状態が続きます。さらに悪化すると、母体はおろか赤ちゃんも命を落として流産につながる可能性もあります。
妊娠悪阻の症状の中でも特に心配なのは、食べられないで吐いてばかりいるために、脱水症状が起きやすいことです。そのまま症状が進むと、全身の代謝機能が低下していくため、水分や栄養補給のために点滴などを注射する必要がでてきます。総合ビタミン剤などもこの時に併用します。
入院をしなくても、こうした治療はできますが、妊娠悪阻には精神的ンストレスも影響するため、環境を変える意味でも入院して治療に専念したほうが良いでしょう。上記のような症状に心当たりがある場合は、我慢せず、赤ちゃんのためにもすぐに産婦人科を受信されたほうが良いかと思います。

関連するまとめ

犬は、子犬の頃から教育すれば頭が良くなります

利口になる犬のしつけ方をご紹介します。

忘れてはいけない。神風特攻隊(しんぷうとくべつこうげきたい・かみかぜとくべつこうげき…

忘れてはいけない! 神風特別攻撃隊 当時の実際の写真や動画でご紹介いたします。 二度と戦争などしてはな…

猫に与えてはいけないもの、与えるのに注意が必要なもの

少量なら、あるいは加熱するなど少し手を加えれば、 猫の体にとってむしろ有益な食品も多いのです。 良いものをバ…

flower

大阪のみさぽ

5年ぶりにライター復帰しました( ^^) _U~~
これから毎日が忙しくなるかな?(笑)

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング