なりたい職業で決める(ただし、理系は文系を兼ねる)

将来なりたい職業で決めるというのが文理選択の王道です。

将来なりたい職業で決めるというのが文理選択の王道です。

物理学者になる、数学者になる、企業の研究職につく……というのであれば理系を選択するのは当然ですね。
一方、文学者になる、官僚になる、営業職に就きたい、弁護士や司法書士・会計士になりたいというのであれば文系を選びそうなものです。
ただ、文系の進路は理系であっても目指せるものが多いです。
理系に進んでも文学者や社会学者などの少ない例外を除けば、遠回りをすることなく目指すことができます。
一方、理系職は文系学部に進むと目指すことができないものがほとんどですね。

理系推進と文系の衰退、でも日本は文系が動かしている

国の方針で、文系学部に割く予算は年々削減されています。

国の方針で、文系学部に割く予算は年々削減されています。

理系の人材を育てないと国際競争に勝てないという危機感が出てきているのでしょう。
社会において何かを為そうというのなら、理系のほうが断然有望です。
ただ、日本では文系学部の卒業者が会社の意思決定をする役職についていることが多いです。日本企業の弱点ではあるのですが、文系学部から出世を狙っていくという考え方はあります。

受験も大学生活も文系のほうが楽

系受験では数学・物理などがいらない大学もあることは大きいでしょう。

系受験では数学・物理などがいらない大学もあることは大きいでしょう。

理系科目が苦手なので文系を選ばざるをえない、という消極的な理由で文理選択をする人も多いです。
英語は文理どちらにも必須ですし、歴史などの暗記科目はそこまで苦手が出ないものです。結局は数学・物理なのですね。
文系は数学・物理を受験で避けることができ、多くの大学において入学後の単位認定が理系学部よりも甘いです。理系学部の人は本当に一生懸命勉強しないと単位が取れないです。大学生活をエンジョイしたいのであれば文系を選んだほうがいいという考え方も出てくるでしょう。

日本の未来のためにも、将来の選択肢の幅から言っても理系のほうがお奨めなのですが、文系のほうが圧倒的に楽です。結局はその人の生き方ということになるでしょうね。

文系vs理系 ラップ対決 Co.慶応 vs 細川

出典:YouTube

【高1・高2必見】後悔しない「文理選択」~文系と理系、どっちを選べばいい?!文理選択にまつわる話【篠原好】

出典:YouTube

関連するまとめ

【生後1~4か月】本当に必要な赤ちゃんと一緒のおでかけグッズって?

生後4か月までの赤ちゃんとおでかけするときに必要なグッズについて、実体験をもとにまとめました。

ハムスター

どうしたらいい?小学生の宿泊行事におけるおむつ選び

入学・進級から2か月が経ち、そろそろ学校によっては林間学校やグリーンスクールなど、宿泊を伴う学校行事が行われ…

峠の425

PTA役員は面倒?!PTA役員の3つのメリット

新学期が始まり、PTA役員になったママさんもいらっしゃると思います。 PTA役員って面倒・大変・疲れる!とい…

ボニー

関連するキーワード

なおさん

空いてる時間で沢山のまとめ記事を書いていくので、宜しくお願いします。

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング