地震が収まって動ける状況になったら「やること」と「できること」

小学生の時も高校生の時も学校の授業の一環として習ってきた地震対策をあなたは今しっかりと内容を覚えていますか?
学校内にいて自信が起きるパターンはもしかすると急な地震でも対応できるかもしれませんが、家にいる時に地震が起きたらあなたはどうしますか?

水が溜めれる容器にできるだけたくさん水を溜める
水はとにかく大事です。お風呂の水だけではなく、水が入る容器がある限り何でも溜めましょう。

着用が可能な服や靴はすべて着用すること。

もし転んでしまったり、ガラスの破片などを踏んでしまったりした場合に着用しているのとしていないのとでは被害の差は大きいです。

外に出かける時はブレーカーを落とす。

地震での火事の原因の1つに「通電火災」があるのはご存知でしょうか?
電気が復旧した時、ヒーターの上に燃えやすいもの、紙や布があると火災を引き起こしてしまう可能性があります。

余震が頻繁に起こっているようならばブレーカーを落としておいたほうが良いかもしれません。

車は絶対に使わない。

地震が起きると大体のケースでケガ人が出ます。
ケガ人が出ると救急車や緊急車両が頻繁に通ります。
その時に道路が車と人で溢れ返っていたら、ケガ人を乗せいている救急車は通れません。
ケガ人のためにも、車は使わないようにしましょう。

過去、被害に遭遇した人から学ばせてもらう

過去に被害にあわれた方はどんな対策を行っていて、今生きていられるかを聞くタイミングがあれば是非とも聞いておくともっと良い情報をいただけるかもしれません。

是非この内容がもう知っていた内容でも、もう一度しっかりと情報をおさらいしておきましょう。

関連するまとめ

え!?そうだったの?意外と知らない自転車を乗る時のルール

電動自転車や10万以上するマウンテンバイクが流行し自転車を利用する方が増えてきましたね。徒歩側からの視点です…

カリスマキュレーター

ウナギの蒲焼が食べられなくなる?! ニホンウナギ減少の危機!

夏になると食べたくなるウナギですが、絶滅危惧種になりそうなのをご存知ですか? ウナギに何が起きているのか、調…

rrra

犬にも高齢化の波が。介護リスクには注意が必要

老化は基本的な部分では動物も人とほとんど同じです。歳をとるにつれて病気に対する抵抗力が落ちてウイルスや細菌に…

flower

関連するキーワード

なおさん

空いてる時間で沢山のまとめ記事を書いていくので、宜しくお願いします。

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング