活動スポット

ソウル内の主な観光スポット10箇所で活動中。明洞(ミョンドン)、南大門(ナムデムン)、新村(シンチョン)、梨大(イデ)、東大門(トンデムン)、北村(プクチョン)、弘大(ホンデ)、三清洞(サムチョンドン)、新沙洞(シンサドン)カロスキル、広蔵(クァンジャン)市場でサービスを提供してます。活動時間は10時ごろから夕方までで、上記10箇所のエリアでも人が集まるスポットを中心に随時歩いています。

■服装・目印

移動する観光案内所のスタッフは、赤い帽子に赤いジャンパーを羽織っているため、ごちゃごちゃした人ごみの中でもよく目立ちます。ジャンパーや帽子には「i」のマークがあるので、チェックしてください。腰には、ガイドマップやペンなどをさしたミニバッグをつけています。

ガイド内容

主な言語は日本語、中国語、英語で外国語別に担当スタッフが決まっています。もし日本語がわからないスタッフに出会ってしまっても、日本語対応のスタッフを呼んでもらえるので安心です。
ガイド内容は、周辺の観光スポットへの行き方やおすすめの飲食店位置情報をはじめ、体調が悪い人を病院や薬局へ案内したり、商品の払い戻し・交換などの通訳サポートも行っています。
道に迷っている場合でも、観光マップと照らし合わせながらわかりやすく説明してくれるので、安心して観光を続けられますし、全スタッフ韓国語のネイティブもしくは堪能な人たちばかりなので、現地の人と意思疎通できなくて困っている時にも利用してみましょう。

韓国・ソウルの街並み

出典:YouTube

関連するまとめ

千葉県房総半島3月~4月お出掛け観光スポット

今回は3月~4月お出かけシーズン! 千葉県房総半島九十九里周辺観光スポットをご紹介します。 是非ご覧くださ…

日本の文化を感じることができるおすすめの観光スポット

たくさんある東京の観光スポットの中から、日本の文化を感じることができるスポットだけを集めてみました

旅人

なおさん

空いてる時間で沢山のまとめ記事を書いていくので、宜しくお願いします。

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング