【9月よりも5月の方が紫外線が強い】

春先は、過ごしやすい反面、とても紫外線が強いのです。

春先は、過ごしやすい反面、とても紫外線が強いのです。

5月ともなると、爽やかな空気とはうらはらに、
とても厳しい紫外線環境になっています。
とても、過ごしやすい5月ですが、紫外線の量は、
残暑が残る9月よりも強いのです。
5月だからと油断せずに、夏と同様の、
紫外線対策をする必要があります。

【内側からのケア】

ほうれん草やブロッコリー、カボチャなどの緑黄色野菜に含まれる「ルテイン」、 レバーやにんじんに多く含まれる「ビタミンA」などは、 目の健康に良いと言われています。 毎日取り続けることが難しい場合は、サプリメントで補っていくのが良いでしょう。

ほうれん草やブロッコリー、カボチャなどの緑黄色野菜に含まれる「ルテイン」、 レバーやにんじんに多く含まれる「ビタミンA」などは、 目の健康に良いと言われています。 毎日取り続けることが難しい場合は、サプリメントで補っていくのが良いでしょう。

【外側からのケア】

温かくなってくると、散歩も気持ちいいものです。 外出する機会も増えてくるでしょう。 旅行や趣味を存分に楽しみたい方は、 目の紫外線対策を心がけましょう。

温かくなってくると、散歩も気持ちいいものです。 外出する機会も増えてくるでしょう。 旅行や趣味を存分に楽しみたい方は、 目の紫外線対策を心がけましょう。

帽子は、つばの広いものを選ぶことが重要です。
また、日差しが強い日は、麦わら帽子がおススメです。

車の運転中もサングラスがあるといいですね。
サングラスを選ぶときは、UVカット加工を選びましょう。

【まとめ】

目を気遣った生活を心がけることが第1歩です。

目に負担をかけないようにしていきましょう。

紫外線対策は、夏だけではなく、温かくなりだした5月くらいから始めましょう。

また、目にいい緑黄色野菜を取ながら、内側からのケアも重要です。

外出するときは、帽子とサングラスは必需品ですね。

関連するまとめ

妊娠中の大敵!つらい浮腫みに効く解消法3選

妊娠中の大敵、浮腫み。浮腫むと太って見えてしまい落ち込んでしまうものです。 そこで今回は、そんな浮腫みの解消…

taro

辛さから抜け出したい!PMS(月経前症候群)の診断基準って?

多くの女性が悩むPMS。辛い症状を軽減してくれる治療をしてもらうためにはまず病院に行くことから始まります。病…

リカ

皆様のお役にたつ記事をご提供させていただきます。

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング