食べ物で体を温める

私たちが毎日口にする食べ物には、体を温める食べ物と冷やす食べ物があり、体を温める食べ物を積極的に摂ることで冷え対策になります。

私たちが毎日口にする食べ物には、体を温める食べ物と冷やす食べ物があり、体を温める食べ物を積極的に摂ることで冷え対策になります。

基本的に体を温める食べ物は冬が旬のものや寒い地域で採れるものが多く、 鯖やかぼちゃや生姜やネギ、にんにく、黒豆の他、豚肉や梅干、味噌、塩などが挙げられます。反対に体を冷やす食べ物は夏が旬で暖かい地域で採れるものが多いのです。例えば、 スイカやトマト、きゅうりの他、バナナや豆腐、牛乳、コーヒー、ビール、白砂糖などです。

特に白砂糖は知らず知らずのうちにお料理やジュース、お菓子などで摂取してしまいがちですが、白砂糖を摂取すると血液中のビタミンが使用され血液の質と量が低下してしまいます。更に、白砂糖を摂取するとインスリンというホルモンが分泌され血糖値を低下させてしまうことでも体温が低下してしまいます。

仕事中に気をつける冷え対策

オフィスワークの女性は夏場冷房がきいた社内で仕事をしていることが多いと思います。

オフィスワークの女性は夏場冷房がきいた社内で仕事をしていることが多いと思います。

その際の冷え対策として、冷気が直接肌にあたらないようにカーディガンやストールを羽織りましょう。寒い季節でも、お腹やふくらはぎを冷やさないようにストールやカイロを使用すると良いでしょう。お腹は冷え解消のツボが多く存在しています。第2の心臓とも言われているふくらはぎには血流のポンプ役です。温めて血行を良くしましょう。
また同じ姿勢で長時間いることも血行を悪くしてしまい冷えにつながるので、手や足を軽く動かし冷えの対策をしましょう。

日常生活での冷え対策

時間が無いからと湯船に浸からずシャワーだけで済ませていませんか。

時間が無いからと湯船に浸からずシャワーだけで済ませていませんか。

実は妊娠しやすい体づくりのためには、ゆっくりと湯船に浸かって体の芯から温めることが重要です。湯船に浸かり自律神経の副交感神経にスイッチを入れることはリラックスできるだけでなく、入浴後まで体を温かく保ってくれます。さらに、就寝前に生姜のスライスとはちみつをお湯に溶かしたホットジンジャーを飲むと体が温まり胃腸の調子も整えられます。

いかがでしたでしょうか。

意外にもすぐに心がけることは多いのではないでしょうか。

少しの改善で冷えから体を守り妊娠しやすい体づくりができるのです。

不妊治療が普及していますが、妊娠する上では病院での治療の前に体を改善することが重要です。

不妊で悩まれている女性の方は、1度生活を見直してみてはいかがでしょうか。

桐谷美玲の冷え性対策|C CHANNELエンタメ

出典:YouTube

「冷え性」の根本解決~簡単にできる「冷え性」対策 【精神科医・樺沢紫苑】

出典:YouTube

関連するまとめ

玄米ダイエットは美容にも効果的!?玄米はこんなにすごい!

毎日の食生活に、玄米を取り入れると、どのようなメリットがあるのでしょうか? 玄米ダイエットについてご紹介しま…

女性の味方

どうしてダメなの?全米で禁止されるトランス脂肪酸

全米では、2018年に全面禁止になるトランス脂肪酸。 どうしてトランス脂肪酸はいけないのか。なぜ日本では規制…

世界の雑学王

なおさん

空いてる時間で沢山のまとめ記事を書いていくので、宜しくお願いします。

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング