① 学習環境を整える。

子どもにとって学習環境を整えることは非常に大切になってきます。学習環境には物的環境と人的環境の2種類あります。物的環境は学習机があるか、教材はそろっているかといった物理的な環境のことをいいます。人的環境には指導者がいるかなどといった人がいるかどうかを表します。家庭学習という視点では物的環境を整えてやることが大切になってきます。机の周りにモノは散らかっていないか、鉛筆、消しゴムは形の整っている物を使っているかなど集中できる環境をつくってやることが学習意欲を高める上で非常に重要になってくるのです。

② 興味を示す。

子どもがリビングなど家族がいるところへ勉強道具を持ってきて学習している姿を見たことはないでしょうか。そのような子どもは自分がやっている勉強について親に興味を示してもらいたいのです。「今どんな勉強やっているの」、「今やっている勉強教えてよ」などと親が興味を示してやることによって子どもの承認欲求が満たされ、学習意欲が高まるのです。また教えるという行為は自分がわかっていないとできない行為なので子どもにとって非常に効果のある勉強法になります。子どものやっている勉強について少し興味を示してみるのもいいかもしれません。

③ 学習の意味づけをする。

子どもの学習に対する意欲が最も高まるのはその学習が意味のあるものだと認識した時だと思います。例えば算数の学習が買い物に役立つというように日常生活と結びつけることは教育関係者からすると基本になります。しかしそれだけでは学習に対する意欲を継続させることは難しくなってきます。そこで対策として目標をもたせることが大切になってきます。目標があればそれに向かって子どもは一生懸命学習します。目標をもたせるために子どもにいろんな経験をさせ、将来はこうなりたいという願望を持たせることが大切になってきます。将来について子どもと話し合ってみるのも学習に対する意欲を高めるきっかけになるかもしれません。

関連するまとめ

進学ローンの選び方

早め早めの手続きがオススメですよ。 ただ申し込みをする前に一度ご相談してみた方がいいと思います。

flower

【進路】文系と理系どっちを選ぶか迷った時は【高校生】

高校一年生の前半から二年生にかけて、普通科高校では文系か理系かの選択が迫られます。一体どちらを選べばいいので…

なおさん

冬場の子どものおもらしにはおむつを活用!

寒くなると気になるのが子どものおもらし。実は冬場だけでもおもらし対策におむつを使う小学生が増えているのをご存…

峠の425

関連するキーワード

リカ

皆様のお役にたつ記事をご提供させていただきます。

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング