■チェキってどんなアイテム?

チェキは富士フイルムから販売されているインスタントカメラです。

「写ルンです」などとともに注目を集めていますが、撮ってすぐプリントされるのがこのカメラ一番の特徴。
フィルムカメラは現像後、ネガにして、それをプリントするという段階が必要ですがチェキはその場で写真を楽しむことができます。

instax mini8+というエントリーモデルのチェキは、カラーバリエーションが5種類と豊富。
簡単にオシャレな写真が撮れるので、チェキに興味を持ったら、まずこちらのモデルからチェックしていきましょう。

instax mini 70はスポーティーでスタイリッシュなデザインのモデルです。
より機能が充実したこちらのチェキは、本格的に写真を楽しみたい方に最適です。

■チェキの魅力

チェキの魅力は何といっても撮ってその場でプリントされるところ!

プリントされるまではどんな写真が撮れているのかわからないという、フィルムカメラならではのワクワク感が味わえます。

チェキの重さは軽いものでは275gと軽量なので、女性の旅の持ち運びにも負担にならず、子どものはじめてのカメラにもぴったり。
プリントされたチェキの余白には、忘れずに日にちと思い出のメッセージを書き残しておきましょう。

思ったとおりの写真が取れなくても、たとえ失敗してしまってもきっと特別な思い出になること間違いなし。
スマホやデジカメで気軽に写真が楽しめるにもかかわらず、フィルムカメラが人気な理由がわかりますね。

一時は廃盤になるという噂もあったチェキですが、フィルムカメラの魅力が広まるにつれ、オシャレな大人のアイテムとして存在感を発揮しています。
フィルムカメラならではの「一発」の緊張感とワクワク感を楽しんでみましょう。

■気をつけたいこと

そんな魅力たっぷりのチェキですが、気をつけたいのがフィルムの価格です。
一枚あたり50円から70円と、スマホやデジカメから考えると少し高めに感じてしまう値段になっています。
ネットショップではかなり値段に変動があるので、お安く買いたい方はよく確認して購入するのがおすすめです。

また、チェキのフィルムは色あせやすいため、日が当たる場所などに保管しておくと色が飛んでしまう場合があるので注意が必要です。
せっかくの思い出が色あせてしまうのは悲しいですよね。
一生残しておきたい大切なチェキは、保険としてスタジオ等で焼き増ししておきましょう。

「写真って楽しい!」とあらためて実感させてくれるチェキ。
チェキを持って、お出かけや旅行を特別な思い出にしてみませんか?

関連するまとめ

【6月27日】今日は何の日?メディア・リテラシーの日

6月27日はメディア・リテラシーの日です。 メディア・リテラシーの日についてご紹介します。

イベント日和

28連勝! 将棋の中学生棋士藤井聡太がついに歴史を塗り替えた!

将棋の中学生棋士藤井聡太がデビュー後28連勝を達成し、ついに歴代連勝記録1位を達成しました!

大阪のみさぽ

【この声どこかで!?】アニメ銀魂でナレーターが声を担当している役がある!

少年ジャンプの超人気漫画「銀魂」。今年は実写映画化するなど、その人気は衰えることなく幅広い年齢層にウケていま…

なおさん

関連するキーワード

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング