沖縄料理ときくとやはり、沖縄そばが1番に思いつくでしょう。

そして、ゴーヤーチャンプルー さーたーあんだぎー てびち(豚足) ミミガー などいろいろ知られています。

沖縄料理で働いています私は、もっともっと沖縄料理を知ってもらいたくて
他にもご紹介します。

沖縄の観光スポットであります、牧志市場でのチラガー(豚の顔)は、はじめて見た人は驚くでしょう、

生のチラガーは安いのですが、お土産に買って帰るのはボイルチラガーがいいです。
ボイルされて真空パックされているので、切って食べるだけです。
沖縄では豚は鳴き声以外はすべて食べます、豚の血で炒めた。チーイリチーという料理もあります。イリチーは炒め煮という意味です。

本土では食べないような食材もあり、イラブ―(ウミヘビ)や、アバサー(ハリセンボン)、ヒ―ジャー(山羊)野菜では島ラッキョウは本土のラッキョウと比べて、あっさりして、漬物やてんぷらで食べられています。

パパイヤ、へちまも煮込み料理や天ぷらで料理され、重宝してます。

沖縄の豆腐やモズクは硬くて、天ぷらなど、揚げ物にもしますね。

そして、牧志市場の1階は鮮魚店も多くグルクン(沖縄の県魚)をはじめ、いろんな魚が並べられています。

買うと、いろいろ調理してくれます、刺身なら調理代金は無料です。

青いのはイラブチャーです。

沖縄の観光地からは連れた郊外に行けば、もっと奥まった沖縄料理にありつけるでしょう。

ミヌダル(豚ロースの黒ゴマ蒸し)スルルグアー(きびなご)の酢漬け
泡盛の肴になるとうふよう、スクガラス(アイゴの稚魚)ソーキそばのソーキは豚のあばら肉の事です。

読み方も独特で例えば タマナ―(キャベツ) チンクアー(かぼちゃ) チム(レバー)ナーベーラー(へちま) ンムクジ(イモくず) シブイ(冬瓜)などなど、たくさん紹介しきれないほどあるのです。

お菓子もさーたーあんだぎーの他に、ちんびんやぽーぽーといったお菓子も現地に行った際は食べてみるのもいいですよ。

見た目が地味でなかなかなじみのない料理が多いのですが長寿の理由は沖縄料理にあると思います。

関連するまとめ

夏にピッタリ!東北地方でおススメのアイスクリーム屋!

暑い夏にはアイスクリームは一番! 避暑地でもアイスクリームは嬉しいですよね。 そこで東北地方のアイスクリーム…

mino

東京23区のもちもち食感がたまらない美味しいベーグルショップ

もちもちした食感や食材との組み合わせなど、幅広い味わい方が出来てファンも多いヘルシーなベーグル。東京都内で美…

mino

お馴染みの竹輪をお弁当にもおかずにも最適な料理に変身させよう!

竹輪をおかずにも、お弁当にも最適なスピーディに美味しくつくる方法をまとめました。

女性の味方

関連するキーワード

CHIE

いろいろな知識・知恵をまとめていきます!

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング